福井県の高校入試情報・受験対策

福井県の公立高校受験概要

特別入学者選抜

【推薦入学者選抜】

推薦入学の対象となる学科を有する県立高校の対象学科のうち 1 学科に限る。特色選抜との併願は認めない。

〈対象〉志願する学科を志望する①動機・理由が明白かつ適切である、②適性、興味・関心を有すること、また人物が優れているかつ調査書の各記録が優良である者。

〈選抜方法〉

調査書その他必要な書類、*面接等の結果を資料として、各高等学校、各学科等の特色に配慮しつつ、その教育を受けるに足る能力・適性等を判定した上で入学者を選抜する。

*必要に応じ、作文、実技試験を取り入れることができる。

調査書(内申書)の「学習の記録」の評定は中3の各教科の評定が選抜の資料となり、「観点別学習状況」などの記録も選抜の際の資料となる。

 

【特色選抜】

特色選抜の対象となる学科を有する県立高校の対象学科のうち 1 学科に限る。同一校の普通・農業・工業・商業・家庭に関する大学科内の学科・コースに限り第3志望まで出願できる。推薦入試との併願は認めない。

〈対象〉各校の特色を理解し、志願理由が明白かつ適切である者、また各実施校における次の資格要件を満たす者。

〈選抜方法〉

志願理由書、面接、*学力検査等の成績、中学校長から提出された調査書を資料として、各高等学校、各学科等の特色に配慮しつつ、その教育を受けるに足る能力・適性等を判定した上で、入学者を選抜する。

*必要に応じ実技試験を取り入れることができる。 調査書(内申書)の「学習の記録」の評定は中3の各教科の評定が選抜の資料となり、「観点別学習状況」などの記録も選抜の際の資料となる。

 

一般入学者選抜

県立高校への出願は、1人1校1課程1学科に限る。ただし、コース、専攻を設置する学科においてはそれぞれのコース(専攻を設置するものは除く。)、専攻を1学科とみなす。

〈選抜方法〉

調査書その他必要な書類、学力検査(追検査を含む。)の成績等を資料として、各高等学校、各学科等の特色に配慮しつつ、その教育を受けるに足る能力・適性等を判定した上で、入学者を選抜する。

選抜に当たっては、調査書中の「学習の記録」の「評定」の第3学年の各教科の評定と学力検査(追検査を含む。)の成績を総合的に審査する。

 

 

福井県の公立高校の入試問題の傾向と対策

福井県の公立高校入試は基礎学力が問われます。教科書内容を正確に理解できるようになりましょう。


英語は、長文問題への対策が重要です。早く正確に文章を読み解けるよう対策を行いましょう。また作文への対策も重要です。
数学では関数・図形・作図に関する問題がよく出される傾向にありますので対策を行いましょう。
国語では長文読解と作文への対策を行いましょう。また漢字の基礎固めも行うとよいでしょう。
理科は各単元まんべんなく出題されます。教科書内容は確実に理解し説明できるようになりましょう。
社会は論述問題が多く出題されるので、単語の暗記だけではなく背景まで理解し言葉で説明できる力を養いましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの福井県の高校受験対策

福井県の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、福井県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!