慶進高等学校の高校入試情報・受験対策

慶進高等学校の受験対策

偏差値・難易度

慶進高等学校は、 山口県宇部市西琴芝にある私立の共学校です。偏差値はコースによって異なり、アドバンスコースが62程度、 グローバルコースが47程度となります。コースの中では、国公立・難関私立大学を目指すアドバンスコースの難度が高くなっています。

入試の特徴・勉強のポイント

慶進高等学校の一般入試は、アドバンスコースが国語・社会・数学・理科・英語の5教科の学力検査、グローバルコースが国語・数学・英語の3教科の学力検査と個別面接を実施しています。各科目の基礎を固め過去問に挑戦し、時間配分や出題傾向、方式などを把握しておきましょう。また、グロバルコースを受験する学生は、面接のマナーをしっかりと身につけて、よく聞かれる質問を想定した練習を行っておきましょう。

 

慶進高等学校の入試情報

入試科目・配点

【募集定員】
アドバンスコース 60名
アドバンスコース 120名

 

【入学試験】
■「志」推薦入学試験(専願)
アドバンスコース
国語・数学・英語の3教科の学力検査(各30分)と個別面接

グローバルコース
個別面接

 

■推薦入学試験(国・公立校との併願可)
アドバンスコース
国語・数学・英語の3教科の学力検査(各30分)と個別面接

グローバルコース
個別面接

 

■一般入学試験
アドバンスコース
国語・社会・数学・理科・英語の5教科の学力検査(各50分)

グローバルコース
国語・数学・英語の3教科の学力検査(各50分)と個別面接

 

参照:入試情報・慶進高等学校

 

慶進高等学校の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

試験時間50分で、大問6題構成です。確率や二次関数、連立方程式が頻出となります。また、証明や作図を求める問題が必ず出題されるため、問題集や過去問を活用してしっかりと対策を行っておきましょう。

英語の傾向と対策

試験時間50分で、大問6~7題構成です。読解問題が2~3問程度出題されるため、英単語や英文法の基礎知識をしっかり身につけ、様々な問題な英文に取り組むようにしましょう。

理科の傾向と対策

試験時間50分で、大問6題構成です。問題文がやや多く、作図問題が1~2問程度出題されます。過去問を活用して問題の形式や解答方法に慣れておきましょう。また、記述問題もあるため、結果の暗記だけではなく、本質を理解し、自分の言葉で説明できるようになっておきましょう。

 

慶進高等学校基本情報

公式サイト

慶進高等学校:https://www.keishin-ug.ed.jp/

基本情報

創立年

1942年

生徒数

656人(2021年時点)

慶進高等学校 所在地情報

〒755-0035  山口県宇部市西琴芝2丁目12-18

教育理念

建学の精神「至誠」のもと、「独立自尊・至誠一貫・敬愛感謝」の校訓を具現化した教育、多様な価値観に触れる教育活動の実践により、「強い志」・「高い学力」・「高い人間力」を身に付け、社会に貢献できる人材を育成します。

 

引用:学校紹介-慶進中学校・高等学校

高校の特徴

慶進高等学校は、「至誠」を建学の精神として掲げ、強い志・高い学力・高い人間力を身に付けた社会に貢献できる人材を育成しています。国公立・難関私立大学を目指す「アドバンスコース」、地元国公立・有名私立大学を目指す「グローバルコース」を設置しています。アドバンスコースでは、学習習慣を身につけるために週テストを実施しています。不合格だった場合は、追試や補講を行うなどの対策が行われます。グローバルコースでは英語教育に力を入れており、オンライン英会話や異文化交流会に取り組んでいます。部活動については、サッカー部、卓球部、ブラスバンド部、ディベート部など、合わせて23の運動部・文化部があります。

 

オンライン家庭教師WAMの慶進高等学校受験対策

慶進高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、慶進高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。