群馬県の高校入試情報・受験対策

群馬県の公立高校受験概要

入試制度

前期選抜

内申点(135点)、学力検査点(150点)、その他の検査の成績も加えて、各高校により傾斜。
(1)高等学校長は、中学校長等から提出された調査書、3教科の学力検査(又は総合問題)及び高等学校長が定めた検査(面接、英語面接、実技検査、作文、小論文、パーソナル・プレゼンテーション等)の結果等を総合して、当該高等学校・学科等の教育を受けるに足る能力・適性等を判定して選抜を行うものとする。
(2)高等学校長は、各高等学校の志願してほしい生徒像に基づき、学力検査(又は総合問題)、高等学校長が定めた検査及び調査書について、それぞれの比重を定めて選抜を行うものとする。
(3)前期選抜の募集人員を2つに区分して(「A選抜」、「B選抜」とする。)募集を行う場合には、区分ごとにそれぞれ選抜方法を定めて選抜を行うものとする。また、全ての受検者を対象に、段階を設けて選抜を行う場合には、それぞれの段階ごとに選抜方法を定めて選抜を行うものとする。
(4)高等学校長は、入学者選抜のための資料の調査・処理等に当たっては、所属教員をもって選抜委員会を組織し、特に厳正を期するものとする。

後期選抜

内申点(135点)、学力検査点(500点)、その他の検査の成績も加えて、各高校により傾斜。
(1)高等学校長は、中学校長等から提出された調査書及び5教科の学力検査の結果等を資料として、当該高等学校・学科等の教育を受けるに足る能力・適性等を判定して選抜を行うものとする。
(2)学力検査の結果と調査書の各教科の学習の記録の評定については、両者を総合して選抜することを原則とする。また、調査書の各教科の学習の記録の観点別学習状況及び各教科の学習の記録以外の記録についても、選抜のための重要な資料とする。
(3)選抜に当たっては、上記(1)、(2)を踏まえた上で、次のア、イを考慮することができるものとする。
ア 学力検査の結果と調査書の各教科の学習の記録の評定について、どちらかの比重を高めること。
イ 学力検査の各教科間において、傾斜配点を行うこと。
(4)後期選抜の募集人員を2つに区分して、それぞれ異なった選抜方法(「Aの選抜方法」及び「Bの選抜方法」とする。)で選抜を行うことができるものとする。
この場合、判定に際しては、まず受検者全員を「Aの選抜方法」で判定し合格者を決め、続いて合格者以外の受検者全員を「Bの選抜方法」で判定し残りの合格者を決めることとする。
(5)高等学校長は、上記(3)、(4)に係る各高等学校の選抜方法等について、学校・学科等の特色に応じて、学科等ごとに設定することができる。
(6)高等学校長は、入学者選抜のための資料の調査・処理等に当たっては、所属教員をもって選抜委員会を組織し、特に厳正を期するものとする。

 

入試日程

前期選抜

出願受付:2022年2月1日(火)〜2月2日(水)
学力検査2022年2月8日(火) ※2/9も実施の場合あり
合格発表:2022年2月17日(木)

後期選抜

出願受付:2022年2月24日(木)〜2月25日(金)
志願先変更:2022年3月2日(水)
学力検査2022年3月8日(火)・3月9日(水)
合格発表:2022年3月16日(水)
追検査実施:2022年3月24日(木)
追検査合格者発表:2022年3月28日

 

配点

前期選抜

英語(リスニングは含まない) 50点(40分)
数学 50点(40分)
国語 50点(40分)
学力検査に加えて、面接、英語面接、実技検査、作文、小論文、パーソナル・プレゼンテーション等のうちから、高等学校長が定めた検査を受けなければならない。

後期選抜

国語 100点
数学 100点
社会 100点
理科 100点
英語(リスニング含む) 100点
合計500点満点
※一部の高校で傾斜配点を実施。
※学力検査時間:45分~60分間の範囲で教科ごとに高等学校長が定める。

内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階の評価=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階の評価=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階の評価=45点
合計135点満点

 

 

群馬県の公立高校受験対策

入試問題の傾向と対策

群馬県の公立高校入試は、前期選抜と後期選抜で試験内容が異なります。


前期選抜では英語・数学・国語の学力検査に加えて面接、実技検査、作文、小論文など高等学校が定めた検査を受検する必要があります。


後期選抜では5教科の学力検査を実施しています。
英語は、長文読解が多く出題されるため、長文読解のスピードを意識して問題を解くことが重要となります。数学では、小問集合が全体の約半分を占めているため、正確に問題を解くように意識しましょう。国語は作文が出題される傾向にあり、自分が書きたいことを正確に素早くまとめて書けるように練習をしておきましょう。理科では、各分野から出題されますが、物理では運動エネルギーの範囲から出題される傾向にあるため、しっかり理解しておきましょう。社会でも各分野から出題されますので、各分野の基礎をしっかりと押さえておきましょう。また資料の読み取りが出題されやすいため、問題をたくさん解いて慣れておきましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの群馬県の高校受験対策

群馬県の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、群馬県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!