北海道の高校入試情報・受験対策

北海道の公立高校受験概要

入試制度

内申点(315点)、学力検査点(500点)、その他の検査の成績も加えて、各高校により傾斜。

入試では、入試当日の学力点(当日点)と内申点を含めた個人調査書の両方を総合的に判断して合否が決定されます。その際の評価の仕方は次の通りです。
(1)定員の70%…学力点と内申点を含めた個人調査書を同等に評価
(2)定員の15%…学力点をより重視
(3)定員の15%…内申点を含めた個人調査書をより重視  なお、(2)・(3)の場合の重視比率や、(2)・(3)の選抜のどちらを先に行うかは、高校ごとに異なる。
北海道は、19の通学区域(=学区)に分けられています。
「普通科」では、原則として自分の住んでいる学区の高校に進学することになっています。
(全道学区別市町村一覧はこちら)https://www.do-con.com/nyushi/area.html#gakku
これに対して、他の学区の高校を受験することを「学区外受験」と言い、「学区内」の場合とは異なる仕組みが設けられています。

 

入試日程

一般選抜

一般出願受付:2022年1月19日(水)~1月24日(月)
学力検査:2022年3月3日(木)
面接、実技検査等:2022年2月10日(木)
追検査日:令和4年(2022年)3月14日(月)
合格発表日: 令和4年(2022年)3月16日(水)  

                                                                                                           

配点

英語 100点(50分)聞き取りテストは、配点を現行のテスト全体の25%から30~35%程度
数学 100点(50分)
国語 100点(50分)
理科100点(50分)
社会100点(50分)
合計500点満点
※2022年からは「標準問題」と「裁量問題」の区別をなくし100点満点に統一される予定です。

《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=90点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=90点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階×3=135点
合計315点満点

 

 

北海道の公立高校受験対策

北海道の公立高校入試各教科は基礎学力が求められます。基礎固めをしっかり行い基本問題では完解できるよう、教科書内容をしっかり理解するようにしましょう。
英語は、示されたテーマに基づき30語前後の英作文が出題されます。表現力を養う練習を行いましょう。数学は、計算問題、図形問題等の基本問題が多いですが、試験時間内で解き切れる量です。中学校基礎レベルの問題を、確実に解けるようにしておきましょう。理科は、物理・化学・生物・地学分野から1つずつ出題されています。記号選択、語句記述、作図、計算、短文記述などが出題されます。苦手な単元がないように対策しておく必要があります。社会は、日本史から多く出題されます。また、資料から読み取りが必要な問題が多い傾向にありますので、しっかり資料集を確認しておきましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの北海道の高校受験対策

北海道の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、北海道の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!