敬愛高等学校の高校入試情報・受験対策

敬愛高等学校の受験対策

偏差値・難易度

敬愛高等学校は、福岡県北九州市門司区別院にある偏差値49~68程度の私立の共学校です。コースの中では、九大医進コースの難度が高くなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

敬愛高等学校の一般入試では、国語・数学・社会・理科・英語の学力試験が実施されます。各科目、配点に偏りはないため、バランスのよい学習が大切となります。また、英語検定・数学検定・漢字検定で学校が定める段級を取得していると、入試の得点に加算されるため、取得者は必ず調査書に明記しましょう。

 

 

敬愛高等学校の入試情報

入試科目・配点

〇募集人数:180名
九大医進コース・・・30名、特進コース・・・30名
特進Sコース・・・30名、進学コース・・・90名

 

◆推薦入試
《A推薦》
受験科目:
英語100点(リスニング含む)・国語・数学より1教科選択100点
※九大医進・特進Sコースは英・国・数の3教科全てを受験

 

《B推薦》
受験科目:面接(一人10~15分)

 

※推薦入試不合格の場合は、再出願なく受験料無料で「一般入試」が受験可能です。

 

◆一般入試
受験科目:国語・数学・社会・理科・英語(各50分/60点満点)

 

参照:2022年度 敬愛高等学校 募集要項

 

 

敬愛高等学校の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

試験時間50分で、大問6題構成です。幅広い分野から問題が出題されるため、偏りのない学習を行うことが大切です。また、学習を行う際は、時間配分を意識して問題に取り組むとよいでしょう。

 

英語の傾向と対策

試験時間50分で、大問6題構成です。長文、会話文、並び替えなど様々な問題が出題されます。解答形式は選択が中心のため、正しい解答を選択すためにも英単語や英文法などの基礎知識はしっかりと身につけましょう。

 

理科の傾向と対策

試験時間50分で、大問4題構成です。選択問題、用語記入問題、記述問題が出題されます。記述問題では、「なぜそうなるのか」という理由を求められるため、理科の用語を的確に用いて説明できるようにしておきましょう。

 

 

敬愛高等学校基本情報

公式サイト

敬愛高等学校:http://www.keiai.net/high/index.php

 

基本情報

創立年

1925年

生徒数

373人(2021年05月時点)

敬愛高等学校 所在地情報

〒800-0035 福岡県北九州市門司区別院6番1号

教育理念

本学園は、親鸞聖人のみ教えを人間教育のよりどころとして豊かな情操を養い、
ひとりひとりの個性と能力を開発して高い教養を身につけ、幸福な人生と社会を
築くことに努力する「めざめた生徒」を育てることを教育理念としています。

 

引用元:敬愛高等学校ホームページ

 

高校の特徴

敬愛高等学校は、浄土真宗の教えに基づく「心の教育」を通して高い教養と豊かな情操を養い、幸福な人生と社会を築くことができる生徒を育成しています。難関大学全学部・国公私立大学医歯薬学部を目指す「九大医進コース」、国公立・難関私立大学を目指す「特進Sコース」を設置しており、2023年度には「グローカル探究コース」が新設されます。九大医進コースと特進Sコースは2年次から文系・理系に分かれ、さらに3年次には、九大医進コースが理Ⅰ型・理Ⅱ型・文Ⅰ型、特進Sコースが理Ⅰ型・理Ⅱ型・文Ⅰ型・特文型に細分化されます。特文型は理科の授業を行わず、国語・地理歴史・英語を中心としたカリキュラムとなります。九大医進コースでは、土曜日に河合塾との教育連携による特別講座を実施しています。部活動については、柔道部、ソフトボール部、宗教研究部、報道研究部など、合わせて23の部・同好会があります。

 

 

オンライン家庭教師WAMの敬愛高等学校受験対策

敬愛高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、敬愛高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。