兵庫県の高校入試情報・受験対策

兵庫県の公立高校受験概要

特別入学者選抜

【特色選抜】

合否判定委員会は、当該高等学校の特色ある教育内容に即して、判定資料(A)、(B)及び合否判定委員会に報告されたその他の諸資料を総合して合否の判定を行う。

判定資料

(A)・・・調査書の各教科の学習の記録を、当該高等学校の特色ある教育内容に即して、総合評定した判定資料 判定資料

(B)・・・小論文(作文)及び実技検査の結果に基づく判定資料

 

【外国人生徒にかかわる特別枠選抜】

合否判定委員会は、当該学科の特色や教育内容に即して、判定資料(A)、(B)及び合否判定委員会に報告されたその他の諸資料を総合して合否の判定を行う。

判定資料(A)・・・調査書の各教科の学習の記録を、当該学科の特色や教育内容に即して、総合評定した判定資料

判定資料(B)・・・適性検査の結果に基づく判定資料

 

推薦入学

【専門教育を主とする学科における推薦入学】

合否判定委員会は、当該学科の特色や教育内容に即して、判定資料(A)、(B)及び合否判定委員会に報告されたその他の諸資料を総合して合否の判定を行う。

判定資料

(A)・・・調査書の各教科の学習の記録を、当該学科の特色や教育内容に即して、総合評定した判定資料 判定資料

(B)・・・小論文(作文)、適性検査及び実技検査の結果に基づく判定資料

 

【普通科コースにおける推薦入学】

合否判定委員会は、当該コースの特色や教育内容に即して、面接、適性検査及び実技検査等の結果と推薦書、調査書等を総合して合否の判定を行う。

その方法は、次のとおりとする。

(1) 適性検査及び実技検査(実施した場合のみ)の結果と調査書の各教科の学習の記録とを同等にみて、判定資料(A)を作成する。

(2) 調査書の各教科の学習の記録以外の諸記録と推薦書、面接並びに小論文(作文)(実施した場合のみ)の結果を総合して、判定資料(B)を作成する。

(3) 判定資料(A)と(B)を総合して合否を判定する。

 

【普通科単位制(全日制)における推薦入学】

合否判定委員会は、面接、適性検査及び小論文(作文)(実施した場合のみ)の結果と推薦書、調査書等を総合して合否の判定を行う。

その方法は、次のとおりとする。

 

(1) 適性検査の結果と調査書の学習の記録とを同等にみて、判定資料(A)を作成する。

(2) 調査書の学習の記録以外の諸記録と推薦書、面接並びに小論文(作文)の結果とを総合して、判定資料(B)を作成する。

(3) 判定資料(A)と(B)とを総合して合否を判定する。

 

【総合学科における推薦入学】

合否判定委員会は、当該学科の特色や教育内容に即して、判定資料(A)、(B)及び合否判定委員会に報告されたその他の諸資料を総合して合否の判定を行う。

判定資料

(A)・・・調査書の各教科の学習の記録を、当該学科の特色や教育内容に即して、総合評定した判定資料 判定資料

(B)・・・小論文(作文)、適性検査及び実技検査の結果に基づく判定資料

 

【中高一貫教育における連携型入学者選抜】

合否判定委員会の任務は、連携型高等学校の特色ある教育内容に即して、判定資料(A)、(B)及び合否判定委員会に報告されたその他の資料を総合して合否の判定を行う。

判定資料(A)・・・調査書の各教科の学習の記録を、連携型高等学校の特色や教育内容に即して、総合評定した判定資料

判定資料(B)・・・適性検査の結果に基づく判定資料

 

【帰国生徒にかかわる推薦入学】

推薦入学による入学者の選抜は、国際に関する各学科については【専門教育を主とする学科における推薦入学】と同様の選抜方法によって行い、国際文化系コースについては【普通科コースにおける推薦入学】と同様の選抜方法によって行う。ただし、合否判定委員会においては、帰国生徒の事情を配慮しながら、総合的に合否の判定を行う。

 

一般入学者選抜

【学力検査<多部制を除く>】

単独選抜を行う高等学校は、判定資料(A)、(B)、(C)をもとに、次の(1)~(5)のとおり合否判定を行う。

判定資料(A)・・・調査書の各教科の学習の記録の第3学年の、「国語」、「社会」、「数学」、「理科」、「外国語」の5教科の評定の和を4倍した値と、「音楽」、「美術」、「保健体育」、「技術・家庭」の4教科の評定の和を7.5倍した値との総和(総配点250点)による資料

判定資料(B)・・・調査書の各教科の学習の記録以外の諸記録を総合した資料

判定資料(C)・・・学力検査(各教科100点、総配点500点)の結果を県教育委員会の定めた方法によって採点し、それを0.5倍した資料

(1) 判定資料(A)と(C)とを同等に取り扱い、合否を判定する。その際、判定資料(B)は参考として用い、総合判定となるよう留意する。ただし、過年度卒業者については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。なお、面接を実施したときは、その結果を合否判定の資料に加えることができる。

(2) 評定を朱書された者(登校する意志があるにもかかわらず、やむを得ない事由により中学校における第3学年の出席日数が40日未満の者について、資料が整わないために、令和4年1月以降における第3学年の第1、第2学期の成績を十分参考にして行う評定が困難な場合)については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。この場合、判定資料(A)、(B)及び自己申告書を参考として用い、中学校長からの副申書を勘案して、総合判定となるよう留意する。

(3) 県外からの受検者の場合等、判定資料(A)が条件・事情を異にする場合には、適切な配慮のもとに合否の判定を行う。

(4) 中学校卒業程度認定試験合格者については、学力検査及び文部科学省が発行する中学校卒業程度認定試験合格者に係る調査書により合否を判定する。その際、面接結果を参考として用い、総合判定となるよう留意する。

(5) 募集要項に「特別活動、部活動等に関する特別取扱い」を明示した高等学校が、これを行う場合の判定資料(A)、(C)の取扱いは、当該高等学校の合否判定の境界線に当たる点数からこの点数の10%に当たる点数を減じた点数を合格の下限として、特別に合否の判定を行う。

 

【複数志願選抜】

複数志願選抜の合否判定は、次のとおりとする。

(1) 合格者の決定は、判定資料(A)と(C)の合計点(以下、「素点」という)を基本として行う。その際、判定資料(B)は参考として用い、総合判定となるよう留意する。ただし、過年度卒業者については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。

判定資料(A)・・・調査書の各教科の学習の記録の第3学年の、「国語」、「社会」、「数学」、「理科」、「外国語」の5教科の評定の和を4倍した値と、「音楽」、「美術」、「保健体育」、「技術・家庭」の4教科の評定の和を7.5倍した値との総和(総配点250点)による資料 ただし、総合学科の場合は、「国語」、「社会」、「数学」、「理科」、「外国語」、「音楽」、「美術」、「保健体育」、「技術・家庭」の各教科の学習の記録の第3学年の評定のうち、学力検査及び実技検査で受検する5教科(以下「受検教科」という)の評定の和を4倍した値と、受検教科以外の4教科の評定の和を7.5倍した値との総和(総配点250点)による資料

判定資料(B)・・・調査書の各教科の学習の記録以外の諸記録を総合した資料

判定資料(C)・・・学力検査(総合学科における実技検査で1教科を代替した場合の実技検査も含み、各教科100点、総配点500点)の結果を県教育委員会の定めた方法によって採点し、それを0.5倍した資料

(2) 各高等学校の合否判定に当たっては、第1志望を優先するために第1志望校の合否判定には素点に一定の点数(以下、「第1志望加算点」という)を加点する。なお、単独選抜を実施する学科から、複数志願選抜を実施する学科へ志願変更した場合も、第1志望加算点を加点する。

(3) 第1志望加算点は、学区ごとにそれぞれ次のとおりとする。

ア 第1学区 25点

イ 第2学区 20点

ウ 第3学区 25点

エ 第4学区 30点

オ 第5学区 30点

※複数志願選抜は、下表に定める高等学校を対象とし、学区ごとに実施する。

 

(a) 第1学区

①普通科[学年制] 東灘・御影・神戸・夢野台・兵庫・神戸鈴蘭台・神戸北・長田・須磨東・星陵・舞子・伊川谷北・伊川谷・神戸高塚・洲本・津名・淡路三原・市立葺合

②普通科[単位制] 北須磨・芦屋・市立六甲アイランド

③総合学科 神戸甲北・須磨友が丘・淡路・市立須磨翔風

 

(b) 第2学区

①普通科[学年制] 尼崎小田・尼崎・尼崎北・尼崎西・伊丹・伊丹西・川西緑台・川西明峰・川西北陵・猪名川・鳴尾・西宮北・西宮甲山・西宮南・宝塚・宝塚東・宝塚北・宝塚西・北摂三田・三田西陵・柏原・篠山鳳鳴・市立尼崎・市立尼崎双星・市立西宮・市立西宮東・市立伊丹

②普通科[単位制] 尼崎稲園・西宮・三田祥雲館

③総合学科 武庫荘総合・伊丹北・西宮今津・有馬

 

(c) 第3学区

①普通科[学年制] 明石・明石北・明石城西・明石清水・明石西・加古川東・加古川西・高砂・高砂南・松陽・東播磨・播磨南・西脇・三木・三木北・小野・吉川・社・多可・北条

②普通科[単位制] 加古川北

③総合学科 明石南・加古川南・三木東

 

(d) 第4学区

①普通科[学年制] 姫路別所・姫路西・姫路飾西・姫路南・網干・家島・相生・龍野・赤穂・福崎・神崎・夢前・伊和・上郡・佐用・山崎・市立姫路・市立琴丘・市立飾磨

②普通科[単位制] 姫路東

③総合学科 太子・香寺

 

(e) 第5学区

①普通科[学年制] 豊岡・出石・浜坂・村岡・八鹿・生野・香住

③総合学科 豊岡総合・和田山

 

(4) 次の方法により、合格者を決定する。

ア 第1志望は第1志望加算点を加点した点数をもとに、第2志望は素点をもとに、各高等学校ごとに得点の上位の者から順に合格者を決定することを基本とする。

イ 第2志望を志願し、第1志望での合格が決定した受検者については、第2志望の合否判定から除外する。

(5) 評定を朱書された者(登校する意志があるにもかかわらず、やむを得ない事由により中学校における第3学年の出席日数が40日未満の者について、資料が整わないために、令和4年1月以降における第3学年の第1、第2学期の成績を十分参考にして行う評定が困難な場合)については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。この場合、判定資料(A)、(B)及び自己申告書を参考として用い、中学校長からの副申書を勘案して、総合判定となるよう留意する。

(6) 県外からの受検者の場合等、判定資料(A)が条件・事情を異にする場合には、適切な配慮のもとに合否の判定を行う。

(7) 中学校卒業程度認定試験合格者については、学力検査及び文部科学省が発行する中学校卒業程度認定試験合格者に係る調査書により合否を判定する。その際、面接結果を参考として用い、総合判定となるよう留意する。

 

【多部制における入学者選抜<Ⅱ期試験A>】

合否判定は、次のとおりとする。

(1) 判定資料(A)と(C)とを同等に取り扱い、合否を判定する。その際、判定資料(B)は参考として用い、総合判定となるよう留意する。ただし、過年度卒業者については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。なお、面接の結果を合否判定の資料に加えることができる。

判定資料(A)・・・調査書の各教科の学習の記録の第3学年の、 「国語」、「社会」、「数学」、「理科」、「外国語」の5教科の評定の和を4倍した値と、「音楽」、「美術」、「保健体育」、「技術・家庭」の4教科の評定の和を7.5倍した値との総和(総配点250点)による

判定資料(B)・・・調査書の各教科の学習の記録以外の諸記録を総合した資料

判定資料(C)・・・学力検査(各教科100点、総配点300点)の結果を県教育委員会の定めた方法によって採点し、その得点をさらに0.5倍したものを5/3倍した資料

(2) 評定を朱書された者(登校する意志があるにもかかわらず、やむを得ない事由により中学校における第3学年の出席日数が40日未満の者について、資料が整わないために、令和4年1月以降における第3学年の第1、第2学期の成績を十分参考にして行う評定が困難な場合)については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。この場合、判定資料(A)、(B)及び自己申告書を参考として用い、中学校長からの副申書を勘案して、総合判定となるよう留意するものとする。

(3) 県外からの受検者の場合等、判定資料(A)が条件・事情を異にする場合には、適切な配慮のもとに合否の判定を行う。

(4) 中学校卒業程度認定試験合格者については、学力検査及び文部科学省が発行する中学校卒業程度認定試験合格者に係る調査書により合否を判定する。その際、面接結果を参考として用い、総合判定となるよう留意する。

(5) 提出を要しない者(令和3年4月1日現在満20歳以上の者)については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。その際、面接結果を参考として用い、総合判定となるよう留意する。

 

通信制課程

【通信制の課程における入学者選抜】

合否の判定は、調査書その他必要な書類及び面接の結果を資料とし、これらを総合して行う。

 

定時制課程

合否判定委員会は、当該高等学校、学科の特色や教育内容に即して、面接グループの報告に基づき合否の判定を行う。その際、学力検査による受検者の合否の判定を同時に行い、厳正かつ公平な判定となるよう配慮する。

 

 

兵庫県の公立高校の入試問題の傾向と対策

兵庫県の公立高校入試は、幅広い知識や応用力が問われます。積極的に初見の問題に取り組みましょう。
英語はリスニングの配点が高めです。長文読解や英作文では、やや難解な単語の知識も必要です。
数学は様々な単元から幅広く出題されます。時間配分が重要です。
国語は基礎的な語彙や慣用句の知識が問われます。問題文が複雑で文字数が多い傾向です。
理科は図やグラフを読み取る問題が多く出ます。
社会は資料を読み取る問題が頻出です。各分野に関する知識や考察力を養いましょう。

 

兵庫県の私立高校受験対策

オンライン家庭教師WAMの兵庫県の高校受験対策

兵庫県の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、兵庫県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!