神戸国際大学附属高等学校の高校入試情報・受験対策

神戸国際大学附属高等学校の受験対策

偏差値・難易度

神戸国際大学附属高等学校は兵庫県神戸市垂水区にある私立高校で、偏差値はコースにより異なりますが40~45程度です。卒業生は神戸国際大学や神戸学院大学、流通科学大学などへ進学しています。

 

神戸国際大学附属高等学校基本情報

公式サイト

神戸国際大学附属高等学校:http://www.kobe-michael.ac.jp/index.html

基本情報

創立年

1963年

生徒数

764名(2021年4月時点)

所在地情報

〒655-0004 兵庫県神戸市垂水区学が丘5-1-1

教育理念

建学の精神 「神を畏れ 人を恐れず 人に仕えよ」

引用:神戸国際大学附属高等学校|学校案内

高校の特徴

神戸国際大学附属高等学校は、英国国教会の流れをくむ協会のグループである「日本聖公会」に属するクリスチャン・スクールで、立教学院やプール学院などが同じ系列の学院となります。国際科と普通科があり、普通科はさらに進学キャリアコース(男子のみ)、文理特進コース、アスリートコースの3コースに分かれています。それぞれのコースに分かれて入学し、進路に合わせた内容を学修します。国際科では、イギリスの大学進級用教育課程「ファウンデーション・コースB」ターム1を授業科目として実践しています。イギリスの認定試験に合格すれば、高校3年次1月よりイギリスにおいてターム2・3を受講することが可能となり、さらにイギリスの大学へ進学する道を拓くことができます。

 

オンライン家庭教師WAMの神戸国際大学附属高等学校受験対策

神戸国際大学附属高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。 専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、神戸国際大学附属高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。

また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。

さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。