立命館高等学校の高校入試情報・受験対策

立命館高等学校の受験対策

偏差値・難易度

立命館高等学校は京都府長岡京市にある共学の私立中高一貫校で、偏差値はコースによって異なりますが69~72程度と京都府内でトップレベルとなります。毎年、立命館大学やAPU(立命館アジア太平洋大学)へ学内進学する学生が非常に多くなっている他、大阪大学や京都大学などの国公立大学や早稲田大学、慶應義塾大学などの難関私立大学や、医学部医学科、歯学科、薬学科へも進学しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

立命館高等学校の入試は、推薦入学試験と専願・併願入学試験の2種類あります。推薦入学では、志望するコースによって試験内容が異なります。専願・併願入学の前期日程は5教科(国語・英語・数学・理科・社会)の筆記試験、後期日程は3教科(国語・英語・数学)の筆記試験で行われます。MSコースを第一志望とする専願受験者は別途個人面接が課せられます。全科目とも配点に差はないためバランスよく学習し、複数年分の過去問に挑戦して出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

 

立命館高等学校の入試情報

入試科目・配点

〇募集人員:男女 約344名
・MSコース(文理特進):約70名
・コアコースGJクラス(国際):約80名
・コアコース(文理総合):約200名
※立命館中学校からの内部進学者約 220 名を含む

 

〈推薦入学試験〉

・MSコース
国語・英語・数学(各50分・各100点)、個人面接

 

・コアコースGJクラス
英語エッセイ(60分)、個人面接

 

・コアコース
小論文(60分)、個人面接

 

〈専願・併願入学試験〉

・前期日程
国語・英語・数学・理科・社会(各50分・各100点)
※MSコースを第一志望とする専願受験者には個人面接(約5分)を行う。

 

・後期日程
国語・英語・数学(各60分・各100点)
※MSコースを第一志望とする専願受験者には個人面接(約5分)を行う。
(前期・後期とも受験の場合、後期は免除)

 

 

参照:2022年度 立命館高等学校 生徒募集要項

 

 

立命館高等学校基本情報

公式サイト

立命館高等学校:http://www.ritsumei.ac.jp/fkc/

 

基本情報

創立年

1905年

生徒数

1,082人(2022年04月時点)

立命館高等学校所在地情報

〒617-8577 京都府長岡京市調子一丁目1-1

教育理念

「平和と民主主義」

 

引用:教学理念 | 学校紹介 | 立命館中学校・高等学校

 

高校の特徴

立命館高等学校は、高い学力と豊かな人間性を養い、新しい価値を創造して社会に貢献できる自立した人材を育成しています。1年次には「コアコース(文理総合)」「コアコースGJクラス(国際)」「MSコース(文理特進)」を設置しており、2年次から「SSコース(理数系)」「SSコースSSGクラス(理数系・国際)」「CEコース(文社系)」「GLコース(文社系・国際)」「MSコース(文理特進)」に分かれます。特徴として、立命館大学・立命館アジア太平洋大学との高大連携授業や、キャリア講座、海外研修・留学プログラムの充実が挙げられます。部活動については、サッカー部、ヨット部、ダンス部、演劇部、軽音楽同好会など、合わせて29の運動部・文化部・同好会があります。

 

 

オンライン家庭教師WAMの立命館高等学校受験対策

立命館高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、立命館高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。