奈良県の高校入試情報・受験対策

奈良県の公立高校受験概要

一般入学者選抜

内申点(135点)、学力検査点(250点)、その他の検査の成績も加えて、各高校により傾斜。

次の資料Ⅰから資料Ⅲに基づいて行う
資料Ⅰ: 調査書成績
学習成績の合計点(135点満点)、加重配点をした後の学習成績の合計点又はそれらのいずれかに「特技に関する記録〔体育〕」を点数化した点を加算した後の合計点

資料Ⅱ: 検査成績
一般選抜において実施する各検査の合計点

資料Ⅲ: 調査書のその他の記載事項
調査書の「学習活動の記録」、「特別活動の記録」、「行動の記録」及び「スポーツ・文化活動等の記録」

合否の判定については、次のア及びイにより、生徒の優れている点や長所を積極的に評価して、総合的に行う。
(ア) あらかじめ高等学校長が定めた基準に基づいて資料Ⅲを精査し、その内容が顕著であると認められる者については、合否の判定において配慮する。
(イ) 原則として、受検者ごとに資料Ⅰと資料Ⅱとを合計し、合計点の多い者から順に合格とするが、その際、資料Ⅲ等を考慮して総合的に行う。

 

 

奈良県の公立高校の入試問題の傾向と対策

奈良県の公立高校入試は、基礎学力をしっかり身につけたうえで応用問題に取り組み苦手教科を減らすことが大切です。
英語は、英作文や長文問題が出題されるので読解力を養いましょう。
数学は、小問は正確に回答できるよう、また証明問題もあるため時間配分に気を付けましょう。
国語は、記述式の問題や作文の練習をたくさんしましょう。
理科は、作図と記述式の問題が頻出です。
社会は、資料問題と記述問題の演習をしっかりと行いましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの奈良県の高校受験対策

奈良県の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、奈良県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!