新潟県の高校入試情報・受験対策

新潟県の公立高校受験概要

特別入学者選抜

一部の学校・学科で実施。

〈対象〉スポーツ活動、文化活動及び科学分野の活動等に秀でた実績があり、各学校の特色ある教育の推進に中心的な役割を果たすことが期待される者。

〈選抜方法〉「特色化選抜推薦書」「調査票」「面接の結果」及び面接以外の必要な検査を実施する学校・学科においては「当該検査の結果」に基づいて、各学が総合的に合格者を選抜する。

 

一般入学者選抜

すべての高校・学科で実施する。

〈選抜方法〉

学習の記録の合計(内申点)(135点満点)と学力検査の得点(5教科500点満点、傾斜配点を実施する場合は満点が異なる)をそれぞれ1000点満点に換算し、高校・学科(コース)によって決められた比重で算出した総合得点をもとに合格者を選抜する。(内申点:学力検査の比重は3:7、4:6、5:5のいずれか)

学校独自検査を実施する場合は最大500点満点が総合得点に加算される。

 

 

新潟県の公立高校の入試問題の傾向と対策

新潟県の公立高校入試では、資料を活用した問題や自分の言葉で説明する記述問題が増加傾向にあります。基礎学力とともに対策を行いましょう。また長文を早く正確に読み解く練習も行いましょう。

国語では長文を読み解く力や、別資料、文章を参考に自分の言葉で解答をする力を養うとよいでしょう。
社会では資料を活用する問題への対策の他、また物事の背景まで理解し自分の言葉で説明できるようにするとよいでしょう。
数学は例年大問1、2で約半分の配点を占めます。計算問題を繰り返し行い、早く正確に解けるようにしておくことが重要です。図形の証明問題もよく出題されるため対策を行っておくとよいでしょう。
理科は計算問題への対策を十分に行いましょう。また表現力を問われる傾向にもあるので、単語だけではなく物事への原因、理由、結果など理解し説明記述問題への対策も十分に行うとよいでしょう。
英語では日本語記述問題が減少傾向にあります。英文読解力と英語表現力が必要とされていますので、英文を作成する能力を養いましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの新潟県の高校受験対策

新潟県の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、新潟県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!