徳島文理高等学校の高校入試情報・受験対策

徳島文理高等学校の受験対策

偏差値・難易度

徳島文理高等学校は、徳島市山城西にある私立中高一貫校です。偏差値は68程度で、徳島県内ではトップクラスの難度となります。2022年度の入試競争倍率は1.00~1.17倍です。東京大学をはじめとする国公立大学や早稲田大学、慶應義塾大学、徳島文理大学などの私立大学への合格実績があります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

徳島文理高等学校の入試は、推薦選抜と一般選抜の2種類あります。推薦選抜は作文と面接、一般選抜は国語・数学・英語の学科試験と面接が課されます。作文は基本の書き方を身につけ、様々なテーマで実際に書いて添削指導を受けることで、正しい言葉遣いを理解し、表現力を養いましょう。学科試験は、各教科とも苦手分野を作らないようにバランスよく学習することが大切です。面接は、両選抜とも5分程度の個人面接となります。先生や家族の協力を得て模擬面接を行い、試験当日の緊張感に慣れておきましょう。

 

 

徳島文理高等学校の入試情報

入試科目・配点

【推薦選抜】

作文(60分)

面接(個人面接/5分程度)

 

【一般選抜】

国語・数学・英語(各60分)

面接(個人面接/5分程度)

 

参照:徳島文理中学校・高等学校-高等学校入試要項

 

 

徳島文理高等学校基本情報

公式サイト

徳島文理高等学校:http://www.bunri.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1944年

生徒数

325人(2022年05月01日時点)

徳島文理高等学校 所在地情報

〒770-8054 徳島県徳島市山城西4丁目20

教育理念

建学の精神

「自立協同」

支えあう学習集団

 

引用元:徳島文理中学校・高等学校

 

高校の特徴

徳島文理高等学校は、難関大学・学部を目指したきめの細かな指導を実践しています。3年次からは志望校に応じたコース制となり、無駄のない受験対策を行うことができます。Z会と提携した集団添削指導や、東大・京大・医学部を目指す生徒を対象としたスーパー講座など様々な取り組みを行っています。また、外部進学者コースには、進路について考える機会をつくる独自のキャリア教育プログラムが用意されています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの徳島文理高等学校受験対策

徳島文理高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、徳島文理高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。