京華高等学校の高校入試情報・受験対策

京華高等学校の受験対策

偏差値・難易度

京華高等学校は、東京都文京区にある私立中高一貫校の男子校で、偏差値はコースによって異なりますが53~65程度となります。国公立大学や早慶上理、GMARCHなどの難関私立大学をはじめとする多くの大学への合格実績があります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

京華高等学校の入試は、推薦入試、一般入試、帰国生特別入試の3種類あります。一般入試では帰国生入試も実施されており、国語・英語・数学の3科目の学科試験と個人面接で選抜が行われます。3科目とも配点に差はないためバランスよく学習し、家族や先生に協力してもらい模擬面接に取り組みましょう。

 

 

京華高等学校の入試情報

入試科目・配点

【推薦入試】

〇募集区分
・A推薦:進学・特進/S特進
・B推薦(都内生・神奈川県生を除く):進学・特進・S特進

 

〇募集人員:80名
(内訳:S特進10名/進学・特進合わせて70名)

 

〇試験科目
・A推薦(進学・特進):作文(60分)、面接(受験生)
・A推薦(S特進):適性検査(国語・英語・数学/各40分)、面接(受験生)
・B推薦:適性検査(国語・英語・数学/各40分)、面接(受験生)

 

【一般入試】

〇募集区分
・第1回:進学・特進・S特進
・第2回:進学・特進・S特進

 

〇募集人員:75名(帰国生5名含む)
(内訳:S特進15名/進学・特進合わせて60名)

 

〇試験科目
・第1回・第2回(帰国生入試も実施):国語・英語・数学(各50分・各100点)、面接(受験生)

 

【帰国生特別入試】

〇募集区分:進学・特進・S特進

 

〇募集人員:進学・特進・S特進合わせて5名

 

〇試験科目:数学(50分・100点)、国語または英語(50分・100点)、面接(受験生・保護者別)

 

 

参照:京華高等学校 令和4年度生徒募集要項

 

 

京華高等学校の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

〈2022年度 第1回一般入学試験〉
試験時間50分、大問6題で構成されています。大問1が計算問題の小問集合、大問2以降が確率や関数、平面図形、立体図形などが出題されています。解答用紙には答えのみを記述するため、計算ミスや答えの書き間違いなどのケアレスミスをせず、丁寧な解答を心がけましょう。

 

国語の傾向と対策

〈2022年度 第1回一般入学試験〉
試験時間50分で長文問題2題と漢字問題2題の大問4題で構成されています。長文問題では選択や記述、抜き出し問題が出題され、記述問題は字数制限のある問題も含まれます。漢字問題は読み書きそれぞれ1題ずつとなるため、普段からコツコツと学習し多くの漢字の知識を定着させておくことが大切です。

 

英語の傾向と対策

〈2022年度 第1回一般入学試験〉
試験時間50分、大問5題で構成されています。長文読解や空欄補充、適語記入、英訳問題などが出題されています。単語やイディオム、文法などの知識を身につけて複数年分の過去問に取り組み、出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

 

京華高等学校基本情報

公式サイト

京華高等学校:https://www.keika.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1909年

京華高等学校所在地情報

〒112-8612 東京都文京区白山5-6-6

 

教育理念

「天下の英才を得て之を教育す」

 

引用:教育の理念

 

高校の特徴

京華高等学校は、創立120有余年の伝統ある私学の男子校です。「Never Die(不撓不屈)」「Young Gentleman(礼節・博愛)」を校訓に掲げ、建学理念である「英才教育」を具現化する教育を徹底して行っています。「S特進コース」「特進コース」「進学コース」の3コース制となっており、各コースで進路・目標に応じた様々な教育プログラムを展開しています。また、中高一貫クラス・高1進学コースを対象としたOBによるティーチングサポートや、高3全コースを対象とした7限ゼミ、夏期講習や入試対策直前講習など学習支援制度も充実しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの京華高等学校受験対策

京華高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、京華高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。