北陸中学校の中学入試情報・受験対策

北陸中学校の受験対策

難易度

北陸中学校は、福井市文京にある併設型の私立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は50程度となります。卒業生は、福井大学や金沢大学、福井県立大学などの国公立大学、MARCH、産近甲龍などの有名私立大学へ進学しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

北陸中学校の入試は、国語・算数・作文・面接が課されます。試験時間は、国語と算数が各50分、作文が30分となります。基礎知識をしっかりと身につけた上で、過去問や類似問題に取り組み、出題傾向や形式に慣れておきましょう。作文は基本の書き方を意識しながら様々なテーマで文章を書き、書いた文章は添削してもらうことが重要です。面接は、保護者同伴の個人面接と児童のみのグループ面接が課されます。先生や家族の協力を得て、何度も模擬面接を行い、試験当日の緊張感に慣れておくと良いでしょう。

 

 

北陸中学校の入試情報

入試科目・配点

【前期日程・後期日程】

《試験科目》

作文(30分)

国語(50分)

算数(50分)

面接:個人面接(保護者同伴)とグループ面接(児童のみ)

 

参照:北陸中学校|入学案内|入試情報

 

 

北陸中学校基本情報

公式サイト

北陸中学校:https://junior.hokuriku.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1998年

北陸中学校 所在地情報

〒910-0017  福井県福井市文京1丁目8-1

教育理念

建学の精神

親鸞聖人の仏教精神に依り有為の青少年を育成することを目的とする

 

引用元:北陸中学校|学校紹介|建学の精神/教育方針/開学140周年の歴史

 

中学校の特徴

北陸中学校は親鸞聖人のみ教えを建学の精神とし、「こころ」と「いのち」の教育によって思いやりと感謝の心を持つ人間性豊かな生徒の育成に取り組んでいます。7限授業や土曜授業などを実施することで豊富な授業時間を確保し、多くの演習時間や体験活動を取り入れています。また、創設以来、英語教育を教育の柱としており、他教科を英語で学ぶイマージョン授業やオンライン英会話などを取り入れた独自の英語カリキュラムを展開しているほか、3年次にはニュージーランド研修(2週間)を実施しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの北陸中学校受験対策

北陸中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、北陸中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。