岐阜県の中学入試情報・受験対策

岐阜県の中学受験概要

岐阜県の私立入試は、ほとんどの学校が12月から願書の受付が開始され、1期・前期は1月上旬、2期・後期は2月上旬に試験が実施されます。「麗澤瑞浪中学校」の県外寮生入試は願書受付期間が11月、「西濃学園中学校」の二次入試は願書受付期間・入試日程ともに3月です。入試科目については国語・算数を含む2~4科目入試が多く、ほとんどの学校で面接を実施しています。英語外部試験を入試判定に利用する大学の増加により、「鶯谷中学校」はグローバル受験に英語検定資格を導入している他、「岐阜東中学校」「聖マリア女学院中学校(専願3教科)」では英語を実施しているのが特徴です。また、「聖マリア女学院中学校」「麗澤瑞浪中学校(県外寮生)」は作文も実施しており、「西濃学園中学校」は作文のみです。9校ある私立中学校のうち8校が中高一貫校であり、「鶯谷中学校」「岐阜東中学校」「岐阜聖徳学園大学附属中学校」は人気のある中学校となっています。

 

 

岐阜県の中学受験対策

鶯谷中学校

【国語】例年、物語文と論説文が頻出となっています。物語文は文字数が多いため、素早く内容を読み取る力が求められます。解答形式は選択や抜き出しが多いですが、読解力も必要となるため、本文を早く正確に読む練習をしましょう。

 

【算数】例年、文章題の出題数が多い傾向にあります。思考力が問われるため、問題演習を繰り返して幅広い問題に慣れておきましょう。複雑な計算問題も頻出となっています。過去問は時間を測って解く練習をしましょう。

 

【理科】例年、物理・生物・化学・地学からまんべんなく出題されます。物理・化学は計算問題が出題されるため、練習して慣れておきましょう。生物・地学は知識問題が多く、生物では観察に重点を置いた問題が出題される傾向にあります。

 

【社会】例年、地理・歴史・公民の範囲から幅広い知識が問われます。地理は地理・産業・宗教の特徴を理解し、歴史は古代~現代の重要語句を覚え、公民は国会や世界経済など各分野の知識をしっかりと身につけておきましょう。

 

岐阜東中学校

【国語】例年、物語文と説明文が頻出となっています。漢字問題は少なく、抜き出し問題や記述問題を中心に出題されます。読解力が必要となるため、本文を早く正確に読む練習をしましょう。

 

【算数】例年、大問1・2は計算問題と小問集合が出題され、大問3~5は速さの問題や規則性の問題が頻出となっています。難易度は標準レベルのため、教科書の内容をしっかりと身につけておきましょう。

 

【理科】例年、生物・地学・物理・化学からまんべんなく出題されます。物理・化学は計算問題が出題されるため、練習して慣れておきましょう。生物・地学は知識問題が多く、生物では観察に重点を置いた問題が出題される傾向にあります。

 

【社会】例年、地理・歴史から2題ずつ出題されます。地理・産業・工業・気候の特徴を理解し、グラフ・資料の読み取り問題に慣れておきましょう。歴史は古代~現代の各時代で重要な人物・事象を押さえておきましょう。

 

【英語】例年、語句の穴埋め問題や、並び替え問題が頻出となっています。また、読解問題では日本語訳や内容一致問題が出題されます。幅広く単語・文法の知識を身につけておきましょう。

 

岐阜聖徳学園大学附属中学校

【算数】例年、大問1・2は計算問題と小問集合が出題され、大問3~6は規則性の問題や速さの問題が頻出となっています。難易度は標準レベルのため、教科書の内容をしっかりと身につけておきましょう。

 

【理科】例年、物理・化学・地学・生物からまんべんなく出題されます。文中の穴埋め問題や実験問題、表やグラフを用いた問題など、多様な出題形式となっています。多くの問題を解いて、問題に慣れておきましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの岐阜県の中学受験対策

岐阜県の中学入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、岐阜県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!