聖マリア女学院中学校の中学入試情報・受験対策

聖マリア女学院中学校の受験対策

難易度

聖マリア女学院中学校は、岐阜県岐阜市にある女子校です。併設型の私立中高一貫校で、偏差値は47程度となります。カトリック校特別入試制度を利用して、上智大学や南山大学へ多くの学生が進学しています。また、京都大学などの国公立大学や、早稲田大学、関関同立などの私立大学への合格実績があります。

 

入試の特徴勉強のポイント

聖マリア女学院中学校の入試は、1月入試と2月入試の2日程あります。1月入試では専願・併願によって試験科目が異なり、専願入試は2教科(国語・算数)または3教科(国語・算数・英語)のいずれかを選択し、学科試験と作文、面接、資格・表彰等で総合的に判定されます。併願入試は4教科(国語・算数・理科・社会・作文を含む)の試験となります。2月入試は専願のみで、2教科(国語・算数)の学科試験と作文、面接で行われます。各教科とも基礎から丁寧に学習しておき、作文や面接の練習にも取り組むことが大切です。

 

 

聖マリア女学院中学校の入試情報

【1月入試(前期)】

①専願入試:2教科(国語・算数)

作文・面接(保護者同伴で約15分)・資格・表彰等で総合的に判断

 

②専願入試:3教科(国語・算数・英語)

作文・面接(保護者同伴で約15分)・資格・表彰等で総合的に判断

 

③併願入試:4教科

(国語・算数・理科・社会・作文を含む)

 

【2月入試(後期)】

専願入試:2教科(国語・算数)

作文・面接(保護者同伴で約15分)

 

参照:中学生募集要項

 

 

聖マリア女学院中学校基本情報

公式サイト

聖マリア女学院中学校:https://maria.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1987年

聖マリア女学院中学校 所在地情報

〒501-2565 岐阜県岐阜市福富201

教育理念

「愛がなければ教育は不可能である」

 

引用元:学院の概要と生い立ち

 

中学校の特徴

聖マリア女学院中学校は、キリスト教精神による宗教的情操教育を基盤とし、心身の発達に応じた中等教育を行っています。真の国際人育成のため、語学教育に力を入れており、日本人教師と外国人教師が協力して授業を行うTT(チームティーチング)や1泊2日のイングリッシュスプリングスクール、独自の海外語学研修など様々な取り組みを実施しています。また、ネイティブスピーカーによるスペイン語・フランス語などの授業も受けることができます。

 

 

オンライン家庭教師WAMの聖マリア女学院中学校受験対策

聖マリア女学院中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、聖マリア女学院中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。