岐阜聖徳学園大学附属中学校の中学入試情報・受験対策

岐阜聖徳学園大学附属中学校の受験対策

難易度

岐阜聖徳学園大学附属中学校は岐阜県岐阜市にある共学の私立中学校で、偏差値は49程度となります。中高一貫校ではありませんが、岐阜聖徳学園高等学校へ内部進学が可能となっています。その他にも、岐阜高校や岐阜北高校、大垣北高校などの公立進学校や、滝高校、洛南高校などの県外の私立進学校へ進学する学生もいます。

 

入試の特徴勉強のポイント

岐阜聖徳学園大学附属中学校の入試は、前期・後期入試の2日程あります。前期入試はさらに、奨学生入試と一般入試に分かれており、奨学生入試を受験する場合は「附属中学オープン模試」で奨学生資格、または学科試験免除資格のいずれかを取得しておく必要があります。試験内容について、奨学生入試は個人面接のみ、前期一般は4教科(国語・算数・理科・社会)の学科試験と個人面接、後期一般は2教科(国語・算数)の学科試験と個人面接が課されます。各教科とも基礎から丁寧に学習しておくことが大切です。また、面接の対策として模擬面接で実践的な練習に取り組みましょう。

 

 

岐阜聖徳学園大学附属中学校の入試情報

【前期入試】

《奨学生入試(単願・併願)》

〇個人面接試験(志願者・保護者)

※「附属中学オープン模試」で奨学生資格、または学科試験免除資格のいずれかを取得した児童のみが申し込み可能

 

《一般入試(単願・併願)》

〇学科試験

国語・算数(各100点)

理科・社会(各50点)

300点満点

〇個人面接試験(志願者・保護者)

 

【後期入試】

《一般入試(単願)》

〇学科試験

国語・算数(各100点)

200点満点

〇個人面接試験

 

参照:岐阜聖徳学園大学附属中学校 令和5年度[2023 年度]生徒募集要項

 

 

岐阜聖徳学園大学附属中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問5~6題で構成されています。大問1・2は計算問題と小問集合が出題され、大問3以降は図形問題や規則性の問題、速さの問題が頻出となっています。難易度は標準レベルのため、教科書の内容をしっかりと身につけておきましょう。

 

理科の傾向と対策

例年、物理・化学・地学・生物からまんべんなく出題されます。文中の穴埋め問題や実験問題、表やグラフを用いた問題など、多様な出題形式となっています。多くの問題を解いて、問題に慣れておきましょう。

 

 

岐阜聖徳学園大学附属中学校基本情報

公式サイト

岐阜聖徳学園大学附属中学校:http://www.shotoku.ac.jp/jh/

 

基本情報

創立年

1972年

岐阜聖徳学園大学附属中学校 所在地情報

〒501-6122 岐阜県岐阜市柳津町高桑西一丁目1番地

教育理念

建学の精神

学校法人聖徳学園の設立趣旨は、仏教精神を基調とした学校教育を行うところにある。 本学園は、この仏教精神とりわけ大乗仏教の精神を建学の精神とし、浄土真宗の宗祖親鸞聖人が和国の教主と敬慕された聖徳太子の「以和為貴」(和わをもって貴たっとしとなす)の聖句をその象徴として掲げ、「平等」「寛容」「利他」の大乗仏教の精神を体得する人格の形成をめざしている。

 

引用元:学校概要

 

中学校の特徴

岐阜聖徳学園大学附属中学校は、仏教精神を基調とした学校教育を実践し、自分と他者を大切にする心や他者の幸福のために貢献する態度、行動力を育成しています。学習面では、自ら学ぶ力の育成を目的に、教科センター方式による自主性を重んじた教育を実施しています。また、国際社会で活躍できる英語力を養成するため、ネイティブスピーカーによる授業やデジタルコンテンツを活用した英語学習、イギリス海外語学研修などを取り入れています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの岐阜聖徳学園大学附属中学校受験対策

岐阜聖徳学園大学附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、岐阜聖徳学園大学附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。