多治見西高等学校附属中学校の中学入試情報・受験対策

多治見西高等学校附属中学校の受験対策

難易度

多治見西高等学校附属中学校は岐阜県多治見市にある共学の私立中高一貫校で、偏差値は51程度となります。東京大学や名古屋大学などの国公立大学や、早慶上理、MARCH、関関同立などの難関私立大学への合格実績があります。

 

入試の特徴勉強のポイント

多治見西高等学校附属中学校の入試は、第Ⅰ期・第Ⅱ期試験の2日程あります。試験内容について、Ⅰ期試験の専願者が2科目(国語・算数)、併願者が4科目(国語・算数・社会・理科)、Ⅱ期試験は専願・併願者いずれも2科目(国語・算数)と保護者同伴の個人面接が課されます。全教科とも小学校の教科書準拠の問題のため、教科書を用いて基礎をしっかりと固めておくことが大切です。過去の入試問題を用いた入試講習会や実際の入学試験の問題と同形式、同レベルのテストを無料で受験することができるプレテストなどに積極的に参加しておくと良いでしょう(要申込)。

 

 

多治見西高等学校附属中学校の入試情報

【第Ⅰ期試験】

《単願者》2科目型

国語・算数(各45分/各100点)

 

《併願者》4科目型

国語・算数(各45分/各100点)

社会・理科(合わせて45分/各50点)

 

【第Ⅱ期試験】

《単願者・併願者》2科目型

国語・算数(各45分/各100点)

個人面接試験(保護者同伴)

 

参照:2023年度 生徒募集要項

 

 

多治見西高等学校附属中学校基本情報

公式サイト

多治見西高等学校附属中学校:https://www.tajiminishi.ed.jp/junior/

 

基本情報

創立年

2000年

多治見西高等学校附属中学校 所在地情報

〒507-0072 岐阜県多治見市明和町1丁目18

教育理念

【建学の精神】

「誠心一筋に生き人の幸せの支えとなれ」

真摯に努力を積み重ねること、そしてその努力の成果を自らのものとするだけでなく、周囲の人びとに、また広く社会に貢献する意思を持つ人間の育成を目指します。

 

引用元:学校紹介|経学の精神と目指す生徒像

 

中学校の特徴

多治見西高等学校附属中学校は、「人間力」「探究力」「言語力」「英語力」「ICT活用力」を育成するための教育を実施しています。そのために、『英語プログラム』『言語の授業』という独自プログラム及び科目の設定や『探究の授業』の実施、1人1台のiPadを利用した学習活動など様々な取り組みを実践しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの多治見西高等学校附属中学校受験対策

多治見西高等学校附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、多治見西高等学校附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。