茗溪学園中学校の中学入試情報・受験対策

茗溪学園中学校の受験対策

難易度

茗溪学園中学校は、茨城県つくば市にある併設型の私立中高一貫校です。男女共学校で、偏差値は57程度となります。整備された進路資料や、個別カウンセリング、大学訪問を実施するなど進路指導に力を入れており、東京大学をはじめとする国公立大学・大学校や早慶上理をはじめとする難関私立大学へ、多数の合格者を輩出しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

茗溪学園中学校の入試は、大きくAC入試(アカデミアクラス)とMG入試(茗渓ジェネラル)の2種類があり、さらに国際生特別選抜1日程と第1~3回の3日程に分かれています。入試方式によって試験内容が異なるため注意が必要です。国際生特別選抜は筆記試験・面接試験ともにオンラインで実施されるため、募集要項を必ず確認しておきましょう。

 

 

茗溪学園中学校の入試情報

入試科目・配点

【国際生A方式】

《国際生特別選抜・第2回》※AC入試

筆記試験:国語・算数・英語エッセイ(各50分/各100点)

面接試験:受験生および保護者

※国際生特別選抜の筆記試験はオンライン

 

《国際生特別選抜・第2回》※MG入試

筆記試験:英語エッセイ(50分/100点)・日本語エッセイ(30分/30点)

面接試験:受験生および保護者

※国際生特別選抜の筆記試験はオンライン

 

【国際生B方式】

《国際生特別選抜・第1回・第2回》

筆記試験:国語・算数(各50分/各100点)

面接試験:受験生および保護者

 

【推薦(専願)】

《第1回》

筆記試験:国語・算数(各50分/各100点)

面接試験:受験生

※寮生と国際生は保護者同伴面接

 

【一般4科】

《第2回》

筆記試験:国語(50分/100点)・算数(50分/100点)・社会(30分/50点)・理科(30分/50点)

面接試験:受験生および保護者(寮生と国際生のみ)

 

【一般総合】

《第3回》 筆記試験:総合学力(50分/100点)

面接試験:受験生および保護者(寮生と国際生のみ)

 

参照:2023年度生徒募集要項 茗溪学園中学校

 

 

茗溪学園中学校基本情報

公式サイト

茗溪学園中学校:https://www.meikei.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1979年

生徒数

697人(2021年4月)

茗溪学園中学校 所在地情報

〒305-8502 茨城県つくば市稲荷前1-1

理念

人類ならびに国家に貢献しうる『世界的日本人』を育成すべく、知・徳・体の調和した人格の形成を図り、特に創造的思考力に富む人材をつくる

 

引用元:茗溪学園学校概要

 

中学校の特徴

茗溪学園中学校は、「生命尊重の精神を育て、自分で考え行動できる人づくり」を教育目標とする中高一貫校です。開校以来、「国際理解教育」に重点を置いており、世界に開かれた教育プログラムが多数用意されています。2021年に募集人数2クラスの「AC(アカデミアクラス)」が開設され、メインの「MG(茗渓ジェネラル)クラス」4クラスと合わせて6クラス構成となっています。そのほか、高等学校の国際バカロレアディプロマプログラムに関心がある生徒のための「グローバルコース」も設置されています。コース生は通常の学級に在籍しますが、英語の授業のみ特別クラスで受講することになります。

 

 

オンライン家庭教師WAMの茗溪学園中学校受験対策

茗溪学園中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、茗溪学園中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。