横浜共立学園中学校の中学入試情報・受験対策

横浜共立学園中学校の受験対策

難易度

横浜共立学園中学校は横浜市中区にある私立女子中高一貫校で、偏差値は61程度です。完全型の中高一貫校であるため、高校からの募集はありません。東京大学をはじめとする国公立や早慶上理、GMARCHなどの有名私立大学への合格者を多数輩出しています。

入試の特徴勉強のポイント

横浜共立学園中学校の入試は、A方式が4科目受験、B方式が2科目での受験となります。問題は全体的に標準レベルとなるため、苦手分野を作らないよう基礎知識をしっかりと身につけましょう。過去問演習で出題傾向を把握しておくことも大切です。また、受験生のみの面接も課されるため、先生や家族に協力してもらいながら模擬面接を行いましょう。

 

横浜共立学園中学校の入試情報

【A方式】

募集人員:150名
考査教科:国語(45分)、算数(45分)、社会(40分)、理科(40分)

※選考方法
筆答考査と面接(受験生のみ)、提出書類の審査

【B方式】

募集人員:30名
考査教科:国語(50分)、算数(50分)

※選考方法
筆答考査と面接(受験生のみ)、提出書類の審査

 

参照:横浜共立学園中学校 2022年度 生徒募集要項

 

横浜共立学園中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

《A方式》
例年、大問5題構成で難易度は標準レベルとなります。大問1は計算問題と一行問題となっているため、ケアレスミスをしないよう確実に得点することを意識しましょう。大問2以降は応用問題となり、速さや割合、図形などが頻出分野となります。特に図形問題は難度が高めの問題が出題されるため、基本問題を素早く解答し図形問題に十分な時間を残せるようペース配分を考えましょう。

《B方式》
例年、大問6題構成で難易度は標準レベルですが、A方式よりも難度の高い問題が多く、より応用力が必要となる試験です。出題内容はA方式とほぼ同じで、大問1で計算問題と一行問題、大問2以降が応用問題となります。後半になるにつれて問題の難度が上がるため、時間がかかる問題は一旦飛ばして、分かる問題から解き進めましょう。過去問演習で出題傾向を把握しておくことも大切です。

国語の傾向と対策

《A方式》
例年、大問3題構成で試験時間は45分、知識問題が1題と読解問題が2題となっています。設問形式は記号選択や抜き出しが中心となりますが、2行程度の記述問題も出題されます。知識問題の漢字の読み書きでは、間違いやすい問題が頻出となるため、正しい知識を身につけ確実に得点することが重要となります。

《B方式》
例年、大問3題構成で試験時間は50分、知識問題が1題と読解問題が2題となっています。設問形式は記号選択や抜き出しが中心となりますが、3行程度の記述問題も出題され、全体的にA方式よりも文章量が多い傾向にあります。要点を簡潔にまとめて自分の言葉で記述する力が必要となります。過去問演習で出題傾向を把握しておきましょう。

理科の傾向と対策

例年、大問5題構成で地学・生物・物理・化学の4分野が1題ずつと、各分野にまたがった正誤問題1題となっています。設問形式は記号選択や適語補充、計算、記述、作図など多岐にわたります。過去問演習で出題傾向と形式に慣れておきましょう。また、独自問題も出題されるため、日頃から環境問題や自然現象について関心を持つようにし、持っている知識を使いこなせるように少しレベルの高い問題演習で練習を積むと良いでしょう。

社会の傾向と対策

例年、地理・歴史・公民の各分野から1題ずつとそれぞれの分野にまたがった総合問題1題の大問4題構成となります。試験時間に対して問題量が多いため、時間配分には注意が必要です。各分野とも幅広い範囲から出題されるため、苦手単元を作らないように基礎知識をしっかりと身につけましょう。総合問題では一つのテーマについて、多角的な視点から各単元に対応する小問が出題されます。複数年分の過去問演習で出題傾向を把握しておくことが大切です。

 

横浜共立学園中学校基本情報

公式サイト

横浜共立学園中学校:http://www.kjg.ed.jp/

基本情報

創立年

1871年

生徒数

542人(2021年度)

横浜共立学園中学校 所在地情報

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町212番地

教育理念

学園の教育の根底にあるもの、それは「ひとりの人聞を無条件に尊重し愛する」というキリスト教精神です。
「主を畏れることは知恵のはじめ」(簸言1章7節)「心を尽くし、精神を尽くし、カを尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい」(ルカによる福音書10章27節) という聖書の言葉を根幹に据え、キリスト教に基づく価値観を基本にしています。
一人ひとりが神に愛されていることを受けとめ、それに基づいて豊かな人間性を備え、隣人に仕え、世界の平和のために貢献する女性の育成を目指しています。

 

引用元:横浜共立学園中学校高等学校 沿革

中学校の特徴

横浜共立学園中学校は、1871年に3人の女性宣教師によって創立されたアメリカン・ミッション・ホームを起源とする完全中高一貫の女子教育機関です。キリスト教の教えに基づく人格教育を行っており、聖書の授業や礼拝などを実施しています。また、きめ細やかな生徒指導と教科指導の充実を図っており、英会話の授業では米国人教師による少人数の授業が実施されています。部活動は宗教系のKJGクワイヤー(横浜共立学園聖歌隊)や同好会を含め全部で33(2022年時点)あり、中高生が一緒に活動しています。

 

オンライン家庭教師WAMの横浜共立学園中学校受験対策

横浜共立学園中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、横浜共立学園中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。