三重県の中学入試情報・受験対策

三重県の中学受験概要

三重県の中学入試は、ほとんどの学校が12月から願書の受付が開始され、1月上旬~中旬に試験が実施されます。

「四日市メリノール学院中学校」の育成(専願・併願)受験は、事前エントリーによる出願許可を条件としており、願書受付は11月上旬からとなっています。試験科目は、国語・算数を含む2~4科目入試が多く、「英語・作文」や「総合問題・グループ活動」を課す学校もあります。

「三重中学校」の思考型特別選抜では、算数・理科考察問題(試験Ⅰ)と国語考察問題(試験Ⅱ)を実施しているのが特徴です。「高田中学校」「鈴鹿中等教育学校」「三重中学校」は偏差値が高く、人気のある学校となっています。

 

 

三重県の中学受験対策

高田中学校

【国語】例年、物語文と随筆・説明文の2題が出題される傾向にあります。文章量が多く、記述問題も多いため、素早く正確に内容を読み取る力と記述力が問われます。漢字問題も多いため、対策は必須です。過去問を解いて問題に慣れておきましょう。

 

【算数】例年、文章問題が多く、図形や計算問題、整数の問題も出題されます。問題数は少ないものの、計算量が多いため、計算ミスに気をつけましょう。文章題では場合の数が頻出です。問題文が長いため、問題演習を繰り返して慣れておきましょう。

 

【理科】例年、物理・地学・化学・生物からまんべんなく出題されます。物理は運動や熱伝導、地学は太陽と月、化学は水溶液、生物は食物連鎖や光合成が出題されています。記述問題や作図問題、グラフを読み取る問題も出るため、教科書の内容をしっかり身につけておきましょう。

 

【社会】例年、地理・歴史が2題ずつと政治が1題出題される傾向にあります。地理は農業・工業、歴史は古代~安土桃山時代、政治は憲法や国会についての内容が頻出です。難易度は標準レベルとなっているため、教科書の内容をしっかり身につけておきましょう。

 

三重中学校

一般選考試験

【国語】文章の読解力・表現力が求められる問題や、漢字・語句・文法問題など、幅広く国語力を問う問題が多く出題されます。難易度は標準レベルとなっているため、教科書の内容はしっかり身につけておきましょう。

 

【算数】文章問題や図形問題、計算問題が出題され、総合的な算数力が問われます。基本的には教科書の内容から出題されるため、基礎をしっかりと身につけておきましょう。

 

思考型特別選考試験

【算数・理科に関する考察問題】学校で勉強する内容を中心に、思考力を問う問題が出題されます。解答の過程を記述する問題が出題される他、理科は実験を行うこともあるため、対策をしっかりしておきましょう。

 

【国語に関する考察問題】学校で勉強する内容を中心に、問題文の内容を要約する問題など、読解力を問う問題が出題されます。描画問題も出題されるため、対策をしっかりしておきましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの三重県の中学受験対策

三重県の中学入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、三重県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!