帝塚山中学校の中学入試情報・受験対策

帝塚山中学校の受験対策

難易度

帝塚山中学校は、奈良市にある私立中高一貫校で、偏差値は66程度となります。男女共学の学校ですが、クラスや授業は男女別々で行われ、学校行事や課外活動は合同で行う「男女併学」制度を取り入れています。大学受験に力を入れており、大阪・京都大学をはじめとする国公立大学や早慶上理、関関同立などの難関私立大学に多数の合格者を輩出しています。

 

入試の特徴勉強のポイント

帝塚山中学校の入試は、1次A・1次B入試、2次A入試、2次B入試の日程が3日連続で組まれています。1次B・2次A入試は、国語・算数の2科目で行われ、1次A・2次B入試では、国語・算数・理科・社会の4科目と国語・算数・理科の3科目を選択して受験します。自分の得意科目を考慮して受験することができます。全体的にそこまで難易度は高くありませんが、問題数が多く解答スピードが重要となります。過去問演習に取り組み、出題形式や時間配分を把握しておきましょう。

 

 

帝塚山中学校の入試情報

〇募集人員
・男子英数コース:スーパー理系選抜クラス1学級・英数クラス2学級
・女子英数コース:スーパー理系選抜クラス2学級・英数クラス2学級
・女子特進コース:2学級
合計300名(帝塚山小学校からの内部進学者を含む)

 

◆1次A入試

〇受験区分は公式HPの募集要項でご確認ください。
〇試験科目(4科目)
国語(60分・150点)・算数(60分・150点)・理科(30分・75点)・社会(30分・75点)
※①~③を比べ高い方で判定(450点満点)
①4科目合計得点 ②国算理の合計点を1.2倍した得点 ③国算社の合計点を1.2倍した得点

 

〇試験科目(3科目)
国語(60分・150点)・算数(60分・150点)・理科(30分・75点)
※合計点を1.2倍し、450点満点で判定。

 

◆1次B入試(前半・後半)

〇受験区分は公式HPの募集要項でご確認ください。
〇試験科目
国語(60分・150点)・算数(60分・150点)
※300点満点で判定
※前半試験受験者で、試験時間に間に合わなかった場合は、後半試験を受験することが可能。

 

◆2次A入試

〇受験区分は公式HPの募集要項でご確認ください。
〇試験科目
国語(60分・150点)・算数(60分・150点)
※300点満点で判定

 

◆2次B入試

〇受験区分は公式HPの募集要項でご確認ください。
〇試験科目(4科目)
国語(60分・150点)・算数(60分・150点)・理科(30分・75点)・社会(30分・75点)
※①~③を比べ高い方で判定(450点満点)
①4科目合計得点 ②国算理の合計点を1.2倍した得点 ③国算社の合計点を1.2倍した得点

 

〇試験科目(3科目)
国語(60分・150点)・算数(60分・150点)・理科(30分・75点)
※合計点を1.2倍し、450点満点で判定。

 

 

参照:令和4年度 帝塚山中学校 生徒募集要項

 

 

帝塚山中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問5~6題で構成されており、大問1が計算・小問集合で、大問2以降は長い文章を読んで設問に答えていく問題です。会話文を読んで答える形式の問題が出題されたこともあります。複数年分の過去問に取り組み、出題形式に慣れておくことが大切です。数・規則性、速さ、図形問題が頻出傾向のため、重点的に学習しておきましょう。

 

国語の傾向と対策

例年、大問3題構成で、論説・説明文の読解問題1題、物語文の読解問題1題、漢字の読み書き問題1題となっています。漢字問題は、毎日コツコツ学習し、確実に解答できるようにしておきましょう。読解問題は記述式や記号選択、正誤、並び替えなど多岐にわたっています。読解スピードや内容を正確に把握することを意識しながら、多くの練習問題や過去問に取り組みましょう。

 

理科の傾向と対策

例年、化学・物理・生物・地学の各分野からバランスよく出題されます。標準レベルの問題が中心なので、全体的に基礎知識を定着させて確実に得点できるようにしましょう。実験に関する問題やグラフや表などの資料問題が頻出のため、重点的な学習が必要です。標準レベルの幅広い問題にたくさん取り組みましょう。

 

社会の傾向と対策

例年、地理・歴史・公民の各分野から出題されますが、割合は歴史が最も多く、その次に地理、公民の順番です。歴史は基本的な知識を問う問題を中心に、漢字指定のある問題が出題されます。用語を覚える際は、漢字まで正確に覚えておきましょう。地理は、地図と絡めた問題が頻出のため、地形についての問題は確実に解答できるようにしておくことが大切です。

 

 

帝塚山中学校基本情報

公式サイト

帝塚山中学校:https://www.tezukayama-h.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1941年

生徒数

947人(高校含む全校生徒:2,026人)(2022年5月1日現在)

帝塚山中学校 所在地情報

〒631-0034  奈良市学園南3丁目1番3号

教育理念

知識のみに偏らず、総合的な人間力を高めるのが帝塚山伝統の「力の教育」。

多方面から吸収した経験を活用し、生きる力を養うことを目的としています。
思考力・判断力・表現力を磨き、高い知性と豊かな情操を備えた、次代を担うたくましい人間を育てます。

 

引用元:力の教育|帝塚山中学校・高等学校

 

中学校の特徴

帝塚山中学校は思考力・判断力・表現力を養い、高い知性と豊かな感性を持った自立した人間を育成しています。独自の制度として「男女併学」を取り入れており、「男子英数コース」「女子英数コース」「女子特進コース」の3つのコースに分かれています。授業は男女別クラス、課外活動や一部行事は男女合同となっています。6年を通して国際教育を重視しており、英語ではネイティブ教員による授業に力を入れています。グループでの探究学習も積極的に取り入れ、語学力だけでなくコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を養います。3年次にはシアトル海外研修(男女)、ハワイサイエンスキャンプ(男子)、ハワイSTEAMプログラム(女子)への参加が可能となっている他、海外の学校との交流も行われています。部活動については、体育部13、文化部22のクラブがあります。

 

 

オンライン家庭教師Wamの帝塚山中学校受験対策

帝塚山中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、帝塚山中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。