佐賀県立致遠館中学校の中学入試情報・受験対策

佐賀県立致遠館中学校の受験対策

難易度

佐賀県立致遠館中学校は佐賀県佐賀市にある共学の公立中高一貫校で、偏差値は55程度となります。2022年度入試の倍率は、約2.5倍となっています。東京大学や大阪大学、佐賀大学などの国公立大学や、早稲田大学、明治大学、関関同立などの私立大学への合格者を多数輩出しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

佐賀県立致遠館中学校の入試は、適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱと面接で行われます。適性検査Ⅰは、生活の中で起こる様々なできごとについて、自分の考えを分かりやすく伝える表現力など、適性検査Ⅱでは、身の回りの様々なことに対して興味・関心を持ち、問題発見能力や、筋道を立てて問題を解決する力などを総合的にみられます。過去問演習が有効的な対策となるため、基礎をしっかりと固めた上で複数年分の過去問に取り組みましょう。面接は1グループ5人程度の集団面接となります。集団面接でのマナーや注意点を意識しながら模擬面接で実践的な練習に取り組むことが大切です。

 

 

佐賀県立致遠館中学校の入試情報

適性検査Ⅰ(45分/40点)

適性検査Ⅱ(45分/60点)

※音声放送を用いた試験は行わない。

面接(1グループ5人程度の集団面接)

 

参照:令和5年度 佐賀県立中学校入学者 募集要項

 

 

佐賀県立致遠館中学校の科目別傾向と対策

適性検査Ⅰ・Ⅱの傾向と対策

適性検査はそれぞれ試験時間45分で、Ⅰが国語・社会、Ⅱが算数・理科の内容となります。与えられた問題文や会話文、資料、設問などを正確に読み取る力が問われます。また、自分の考えを自分のことばで正しい日本語を使って表現する力が必要となります。各教科ともしっかりと基礎を固め、複数年分の過去問演習で出題形式や傾向に慣れておきましょう。

 

面接の傾向と対策

面接は1グループ5人程度の集団面接です。言葉遣いや姿勢など面接時のマナーをしっかりと身に付けておくことが大切です。よく聞かれる質問に対してある程度の回答を準備し、先生や家族の協力を得て模擬面接で実践的な練習に取り組みましょう。

 

 

佐賀県立致遠館中学校基本情報

公式サイト

佐賀県立致遠館中学校:https://www.education.saga.jp/hp/chienkanchuugakkou/

 

基本情報

創立年

1987年

佐賀県立致遠館中学校 所在地情報

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北四丁目1番1号

教育理念

教育方針

未来の創造と発展に力をつくす、豊かな人間性と進取の気性に富む若人を育てる。

 

引用元:教育方針

 

中学校の特徴

佐賀県立致遠館中学校は、6年間のゆとりある学校生活の中で、体験的な活動を重視した教育を実施しています。朝と放課後に【C-Time】という自主的な活動時間を設けているほか、「総合的な学習の時間」には、体験学習や探求活動、情報教育を重視した「エリア・スタディ」を実施するなど特色ある活動を展開しています。ICT利活用教育も推進しており、全教室への電子黒板の設置や全生徒にタブレットを貸与するなどの取り組みを行っています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの佐賀県立致遠館中学校受験対策

佐賀県立致遠館中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、佐賀県立致遠館中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。