大宮開成中学校の中学入試情報・受験対策

大宮開成中学校の受験対策

難易度

大宮開成中学校はさいたま市大宮区にある男女共学の私立中高一貫校で、偏差値は60程度となります。東京都荒川区の開成中学校とは無関係ですが、東京大学をはじめとする国公立や早慶上理・GMARCHなどの有名私立大学への合格者を多数輩出しています。

入試の特徴勉強のポイント

大宮開成中学校の入試は、第1回・特待生選抜・第2回の3日程ありますが、全日程共通で4科目の受験が必要となります。苦手科目を作らないよう、バランスよく学習しましょう。入試問題は全体的に標準レベルとなるため、基礎知識の定着が重要となります。また、過去問演習で出題傾向にも慣れておきましょう。

 

大宮開成中学校の入試情報

一般入試

《募集定員》
約150名

(第1回入試:約80名、特待生選抜入試:約50名、第2回入試:約20名)

 

《試験内容》
国語(50分100点)、算数(50分100点)、社会(30分50点)、理科(30分50点)

 

※面接なし
※全日程共通

 

大宮開成中学校 令和4年度入試 中学募集要項

 

大宮開成中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問7題構成で前半は計算問題や一行問題、後半は規則性や展開図図形の求積問題などが出題されます。難易度は標準レベルですが、一部やや難度の高い問題も含まれます基礎知識をしっかりと身につけ、計算ミスなどのケアレスミスをしないよう丁寧な解答を心がけましょう。

国語の傾向と対策

例年、知識問題1題と読解問題2題の大問3題構成で、難易度は標準レベルとなります。

解答形式は大半が選択式と抜き出し式となっています。漢字や四字熟語などの知識問題は得点源となるよう、毎日コツコツ学習することが大切です。また、複数年分の過去問演習で出題傾向に慣れておくと良いでしょう。

理科の傾向と対策

例年、大問5題構成で各分野からバランスよく出題されます。実験や観察に関する問題、図表などの資料問題、物理・化学分野の計算問題などが頻出となっています。基礎知識の徹底と思考力・推理力を養い、さらに過去問演習で出題傾向を把握しておきましょう。

社会の傾向と対策

例年、大問5~8題構成で地理・歴史・公民からまんべんなく出題されます。難易度は標準レベルとなるため、教科書学習を中心に基礎知識をしっかりと身につけましょう。また、時事問題も頻出となっているため、日ごろからニュースや新聞などに目を通して情報をチェックしておくことが大切です。

 

大宮開成中学校基本情報

公式サイト

大宮開成中学校:http://www.omiyakaisei.jp/

基本情報

創立年

2005年

生徒数

430名(2021年度時点)

大宮開成中学校 所在地情報

〒330-8567 埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615

教育理念

調和のとれた人間教育

引用元:大宮開成 学校概要

 

中学校の特徴

大宮開成中学校では、中高一貫教育を見通したステージ制の計画的なカリキュラムが組まれており、第1ステージ(中1・2)では基礎学力の徹底を、第2ステージ(中3・高1)では進路意識の確立を、第3ステージ(高2・3)では現役合格力の完成を目標としています。「愛・知・和」の三つの精神を校訓に、愛知和講演(“生き方教育”の一環で行う講演)や、中1と高2が合同で行う合宿など「調和のとれた人間教育」を重視したさまざまな活動が行われています。

 

オンライン家庭教師Wamの大宮開成中学校受験対策

大宮開成中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、大宮開成中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。