栄東中学校の中学入試情報・受験対策

栄東中学校の受験対策

難易度

栄東中学校はさいたま市見沼区にある男女共学の私立中高一貫校で、偏差値は65程度となります。「何をしたいのか」を重視した進路指導と、「どの大学に行きたいのか」「その大学で何をしたいのか」を重視した大学受験指導を受けることができます。これにより、東京大学をはじめとする国公立大学、早慶SMARTなどの有名私立大学、医歯薬獣系学部への合格者を多数輩出しています。

入試の特徴勉強のポイント

栄東中学校の入試は日程により、科目数や配点が異なります。問題の難易度は全体的に標準~やや難レベルとなるため、どの科目も基礎知識の定着が重要となります。複数年分の過去問演習で、出題傾向と形式に慣れておきましょう。

 

栄東中学校の入試情報

東大・難関大クラス(特待生入試含)A日程

《募集定員》
140名(1年間特待生:若干名・東大:40名・難関大:100名)

《入試科目》
4科(国語・算数・理科・社会)300満点

《試験時間・配点》
国語(50分100点)、算数(50分100点)、理科・社会(併せて50分 各50点 計100点)

東大特待クラス

《募集定員》
30名(6年間特待生・3年間特待生・1年間特待生)

 

■東大特待Ⅰ(4教科型)
《入試科目》
4科(国語・算数・理科・社会)450満点

《試験時間・配点》
国語(50分150点)、算数(50分150点)、理科(40分75点)・社会(40分75点)

 

■東大特待Ⅰ(算数1教科型)
《入試科目》
1科(算数①・算数②)300満点

《試験時間・配点》
算数①(50分150点)、算数②(40分150点)
※算数①は4教科型の算数と共通問題です

難関大クラス B日程

《募集定員》
40名

《入試科目》
4科(国語・算数・理科・社会)300満点

《試験時間・配点》
国語(50分100点)、算数(50分100点)、理科・社会(併せて50分 各50点 計100点)

東大クラス(特待生入試含)東大Ⅱ

《募集定員》
30名(1年間特待生・東大)

《入試科目》
4科(国語・算数・理科・社会)450満点

《試験時間・配点》
国語(50分150点)、算数(50分150点)、理科(40分75点)・社会(40分75点)

帰国生入試(特待生入試含)A・B日程

《募集定員》
若干名

《入試科目》
2科(国語もしくは英語・算数)200満点
国語(100 点)・算数(100 点)日本語面接
英語(100 点)・算数(100 点)英語面接

《試験時間・配点》
国語(50分100 点)・算数(50分100 点)
または
英語(50分100 点)・算数(50分100 点)

 

※面接   試験終了後 (10~15 分)

 

参照:栄東中学校 令和4年度生徒募集要項

 

栄東中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

《東大特待》
例年、大問4題構成で難易度は標準~やや難レベルとなります。大問1は小問集合となるため、ケアレスミスをしないよう確実に得点することを意識しましょう。大問2以降は応用問題となります。場合の数、規則性、速さ、図形などが頻出単元となるため重点的に学習しましょう。作図や説明記述が必要な問題も出題されるため、過去問演習で形式に慣れておくことも大切です。

国語の傾向と対策

《東大特待》
例年、大問5題構成で読解問題2題と総合的知識問題3題となっています。文章量は7000~8000字程度ですが、近年増加傾向にあります。設問形式は選択肢・抜き出し・正誤・説明記述など多岐にわたり、中でも選択肢問題と総合的知識問題が特徴的です。選択肢は5択以上で説明文が長い紛らわしい選択肢が並びます。総合的知識問題は漢字や文法などさまざまな知識が問われます。複数年分の過去問演習で出題傾向に慣れておきましょう。

理科の傾向と対策

《東大特待》
例年、大問4題構成で地学・生物・化学・物理からまんべんなく出題されます。苦手分野を作らないよう基礎知識をしっかり身につけましょう。単に重要語句や公式を覚えるのではなく、語句の由来や仕組みなど本質から理解することが大切です。計算問題や実験・観察に関する問題も出題されるため、重点的に学習しましょう。

社会の傾向と対策

《東大特待》
例年、大問3題構成ですべての単元から出題されますが、地理と歴史の比重が重い傾向にあります。解答形式は選択肢・用語記入・説明記述となっています。特に選択肢問題は「不適切なものを選ぶ」「複数完全回答」「組み合わせ」など様々なパターンで出題されます。設問文を読み間違えることのないよう丁寧な解答を心がけましょう。

 

栄東中学校基本情報

公式サイト

栄東中学校:https://www.sakaehigashi.ed.jp/

基本情報

創立年

1992年

栄東中学校所在地情報

〒337-0054  埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77

教育理念

人間是宝
人間はだれもがすばらしい資質を持った、宝の原石であると考えます。その原石を磨き上げ、文字通り本当の「宝」として育てることが本校の教育の使命です。

引用元:教育理念|学校紹介|学校法人佐藤栄学園栄東中学校

中学校の特徴

栄東中学校は、共学の中高一貫で「東大クラス」と「難関大クラス」が設置されています。両クラスとも同じカリキュラム、同じ進度で授業を行っており、1年次の成績結果次第で「難関大クラス」から「東大クラス」へ移籍することも可能です。授業には、課題研究やグループワーク・ディスカッションなどのアクティブ・ラーニング(AL)を導入しており、基礎基本を徹底して学ぶとともに、個性と応用力・表現力を養うことができます。郊外ALとして中学3年次にはオーストラリア語学研修旅行を実施しています。

 

オンライン家庭教師Wamの栄東中学校受験対策

栄東中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、栄東中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。