作新学院中等部の中学入試情報・受験対策

作新学院中等部の受験対策

難易度

作新学院中等部は宇都宮市一の沢にある共学の私立中高一貫校で、偏差値は50程度となります。高校進学時には内部進学と外部進学を選ぶことができ、外部進学では宇都宮高等学校や慶應義塾高等学校など県内外の難関校へ進学しています。作新学院高等学校からは、筑波大学やお茶の水女子大学、広島大学などの国公立大学や、早慶上理、GMARCHなど難関私立大学への合格者を輩出しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

作新学院中等部の入試は、第1回・第2回入学試験の2日程あります。選考方法はいずれの日程でもグループ面接が課され、学力試験は第1回が4教科(国語・算数・理科・社会)、第2回が2教科(国語・算数)となります。各教科とも募集要項に出題範囲が記載されているため必ず確認し、教科書を中心に学習して複数年分の過去問に取り組みましょう。グループ面接の対策として、面接時のマナーや注意点をしっかりと押さえ、模擬面接で実践的な練習を行うことが大切です。

 

 

作新学院中等部の入試情報

【第1回 入学試験】

国語・算数・理科・社会(各40分/各100点)

グループ面接

 

【第2回 入学試験】

国語・算数(各40分/各100点)

グループ面接

 

参照:2023年度 作新学院中等部 募集要項

 

 

作新学院中等部基本情報

公式サイト

作新学院中等部:https://www.sakushin.ac.jp/juniorhighschool/

 

基本情報

創立年

1947年

生徒数

475人(2021年5月時点)

作新学院中等部 所在地情報

〒320-8525 栃木県宇都宮市一の沢1丁目1番41号

教育理念

新しき民をつくる

 

引用元:建学の精神

 

中学校の特徴

作新学院中等部は、130年以上の歴史を持つ総合学園作新学院の中等部で、「自ら考える心豊かな生徒」の育成を目指しています。少人数クラスを編成し、品格と面倒見の良さを特色とするきめ細かい教育を実施しています。生徒一人ひとりの学力を最大限に発揮できるよう、少人数による個別指導以外にも、週2日の7時間授業や複数教員による教科指導などを取り入れています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの作新学院中等部受験対策

作新学院中等部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、作新学院中等部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。