法政大学中学校の中学入試情報・受験対策

法政大学中学校の受験対策

難易度

法政大学中学校は東京都三鷹市牟礼にある偏差値67~69程度の共学校です。英語教育に力を入れており、英語資格試験に取り組み、英語コミュニケーション能力を向上させる授業などを行っています。

入試の特徴勉強のポイント

法政大学中学校は一般入試第1回、一般入試第2回、一般入試第3回の入試方式があります。入試方式によって試験日や募集人員が異なるため、入試要項をしっかりと確認しておきましょう。試験の難易度は標準レベルのため、基礎をしっかりと押さえた学習を行う必要があります。国語は文章量・問題量が多いため、時間配分に気を付けて入試に挑んでください。

 

法政大学中学校の入試情報

【入学試験要項】

◆第1回
〇募集人員:男女約50名
〇試験
国語(50分/150点)
算数(50分/150点)
社会(35分/100点)
理科(35分/100点)

 

◆第2回
〇募集人員:男女約50名
〇試験
国語(50分/150点)
算数(50分/150点)
社会(35分/100点)
理科(35分/100点)

 

◆第3回
〇募集人員:男女約40名
〇試験
国語(50分/150点)
算数(50分/150点)
社会(35分/100点)
理科(35分/100点)

 

参照:2022(令和4)年度入学試験要項

 

法政大学中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

試験時間50分で、大問6題構成です。大問1は計算問題、大問2は応用小問、大問3以降は応用問題の形式で出題されます。図形、特殊算、数の性質が頻出です。難易度は標準レベルですが、答えのみを記入する解答形式のためケアレスミスしてしまうと合格が遠くなってしまいます。基礎をしっかりと押さえ正確な計算力を身につけておきましょう。また、試験が終わったあとは、必ず見直しをしてケアレスミスを防ぎましょう。

国語の傾向と対策

試験時間50分、小説・物語文の読解問題1題、論説・説明文の読解問題1題の大問2題構成です。読解問題のなかに漢字や文法などの知識問題が含まれています。取りこぼしのないようにしっかりと知識を身につけておきましょう。読解問題は、文章量・問題量が多いため、時間配分を意識しておく必要があります。また、記述問題が多く出題されるため、要点を的確にまとめる記述力を養っておきましょう。

理科の傾向と対策

試験時間35分で、大問5題構成です。物理、化学、生物、地学の4分野からバランス良く出題されます。基本レベルの典型題が多いため、基礎知識をしっかり押さえ、各分野偏りのない学習を行いましょう。

社会の傾向と対策

試験時間35分、地理1題、歴史1題、公民・時事1題の大問3題構成です。地理と歴史の比重がやや大きい傾向にあります。地図やグラフなどの統計資料・歴史資料を使った問題が多いため、地図帳や資料集の活用を心がけてください。

 

法政大学中学校基本情報

公式サイト

法政大学中学校:https://www.hosei.ed.jp/

基本情報

創立年

1936年

生徒数

419人(高校含む全校生徒:1,129人)(2022年4月1日現在)

法政大学中学校 所在地情報

〒181-0002東京都三鷹市牟礼4−3−1

教育理念

「自由と進歩」の校風のもと、「自主自律」を育む
法政大学の「自由と進歩」、法政大学第一中学高等学校からつづく「自主・自律」の精神を追求し、世界と日本の未来を創造する人間を育てることをめざし、以下の教育目標を定めます。

 

教育目標
1,日本国憲法が定める基本的人権を尊重し、平和で民主的な社会の形成に資する主権者を育てる。
2,法政大学の校風として育まれた「自由と進歩」を体現する主体的で創造的な人間を育てる。
3,豊かな知性と教養、健康な心と身体、思考力と判断力を有する人間を育てる。

 

引用元:本校が目指す教育|学校概要 法政大学中学高等学校

中学校の特徴

法政大学中学校は、1936年に創立された法政中学校を前身とする中高一貫校です。知性・教養・判断力を持ち、主体的かつ自立的に行動し、世界と日本の平和の創造に貢献できる人材を育成しています。主要5教科を重視したカリキュラムとなっており、独自の授業により丁寧な指導を行っています。特に英語に力を入れており、英語によるコミュニケーション能力を養う授業を実施している他、各種英語資格試験にも積極的に取り組んでいます。3年次には海外語学研修への参加も可能です。また、林間学校、フィールドワーク、スキー教室など、多彩な行事があることも特徴です。部活動については、体育会11、文化会8のクラブがあります。

 

オンライン家庭教師WAMの法政大学中学校受験対策

法政大学中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、法政大学中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。