開成中学校の中学入試情報・受験対策

開成中学校の受験対策

難易度

開成中学校は東京都荒川区にある名門私立中高一貫校で、偏差値は77程度と日本屈指の難度の高さを誇る男子校です。麻布中学校、武蔵中学校とともに「男子御三家」と呼ばれているエリート中学校の1つです。卒業生の1/4は、現役で東京大学へ進学しています。

入試の特徴と勉強のポイント

開成中学校の入試問題は、全体的に標準~やや難レベルとなります。基礎知識を身につけるのは当然のことながら、応用問題などにも取り組み思考力や考察力などを身につけましょう。年度により設問形式や難度が変わる問題もありますが、過去問演習でおおまかな出題傾向に慣れておくことも大切です。

 

開成中学校の入試情報

◎一般入試
募集人員:300名
入試科目・時間・配点:国語(50分85点)、算数(60分85点)、理科(40分70点)、社会(40分70点)

 

引用元:開成中学校・高等学校 公式サイト 入試概要

 

開成中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問3題構成で幅広い分野からまんべんなく出題されます。中でも数の性質、規則性、速さ、立体図形などは頻出となるため重点的に学習すると良いでしょう。難易度は標準~難レベルとなります。学校で習った内容は確実に身につけ、習っていない内容についても自力で考察し解決の糸口を見つけられる力が必要になります。

国語の傾向と対策

例年、大問2題構成で難易度は標準~やや難レベルとなります。出題傾向が安定していないため、どのような文章が出題されても対応できるよう準備が必要です。設問形式についても年度によりさまざまなので、複数年分の過去問演習で出題傾向に慣れておきましょう。

理科の傾向と対策

例年、大問4題構成で生物・地学・化学・物理の各分野からまんべんなく出題されます。難易度も易~やや難レベルと多岐にわたるため、標準レベルまでの問題は確実に得点できるようにしましょう。

また、実験・観察問題などの思考力が問われる問題も頻出となっているため、過去問演習で傾向に慣れておくことも大切です。

社会の傾向と対策

例年、大問4題構成で地理・歴史・公民・時事などから幅広く出題されます。難易度は標準レベルで、一部難度の高い問題も含まれます。標準的な問題が多いので合格ラインが高く、ケアレスミスで失点してしまうと合否判定に影響が出てしまうため、丁寧な解答を心がけましょう。

 

開成中学校基本情報

公式サイト

開成中学校https://kaiseigakuen.jp/

基本情報

創立年

1871年

生徒数

定員900人

開成中学校 所在地情報

〒116-0013  東京都荒川区西日暮里4丁目2番4号

教育理念

学問は思考力を用いるのが最も貴い

引用元:開成中学校・高等学校 公式サイト  教育理念

開成中学校の特徴

開成中学校は、2021年に創立150年周年を迎えた伝統ある男子校です。「開物成務」「質実剛健」の精神と、自主・自律を礎にした「自由」の風土のもと「社会の利益を興す」人材の育成を教育目的としています。校章はペンと剣がモチーフとなっており、こちらも学園の精神である「ペンは剣よりも強し」という言葉をデザイン化したものになります。
基礎学力を重視し、そのうえで思考力や想像性を育てることを目指したカリキュラムを作成しています。個性豊かな教員のもと、教科書以外にも自主教材を使用した授業を行い、生徒の興味を引き出し自ら考えさせるレベルの高い教育が行われています。

 

オンライン家庭教師Wamの開成中学校受験対策

開成中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、開成中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。