恵泉女学園中学校の中学入試情報・受験対策

恵泉女学園中学校の受験対策

難易度

恵泉女学園中学校は世田谷区にある偏差値54程度の私立女子中高一貫校です。完全型の中高一貫制で、高校からの生徒募集はありません。国公立や早慶上智、GMARCHなど有名私立大学への進学実績があります。

入試の特徴勉強のポイント

恵泉女学園中学の入試は、2科と4科に分かれており、それぞれ日程も別日で行われます。2科の試験は国語・算数の合計点で、4科の試験では国語・算数・社会・理科の合計点でそれぞれ総合的に判断されます。複数回受験することで、繰上げ合格の候補者決定の際に優遇されます。

※2回・3回受験の差はありません。全教科とも試験時間が短いため、時間配分に注意が必要です。

 

恵泉女学園中学校の入試情報

【第1回(午後2科)】

募集人員:80名(帰国生枠約10名を含む)
国語(45分/100点)・算数(45分/100点)
質問カード記入(3分)(面接試験に代わるもの) キリスト教教育への同意を確認することが目的
面接(帰国生枠のみ)1組15分程度の面接。

【第2回(午前4科)】

募集人員:70名
国語(45分/100点)・算数(45分/100点)・社会(30分/70点)・理科(30分/70点)
質問カード記入(3分)(面接試験に代わるもの) キリスト教教育への同意を確認することが目的

【第3回(午前2科)】

募集人員:30名
国語(45分/100点)・算数(45分/100点)
質問カード記入(3分)(面接試験に代わるもの) キリスト教教育への同意を確認することが目的

 

参照:恵泉女学園中学校 2022年度 生徒募集要項

 

恵泉女学園中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

年度によって大問5~8題構成で、大問1と2が計算問題・小問集合問題、大問3以降が応用問題となっています。問題数が多く、後半には応用問題があることから、いかに前半を素早く解答できるかがポイントです。記述問題が大半を占めているため、途中式も丁寧に書くように心がけましょう。応用問題では、平面図形やグラフが出題傾向のため重点的に学習を行うことが大切です。

国語の傾向と対策

例年大問2題で構成されており、説明文と物語文の読解問題となっています。比較的に読みやすい内容ですが、記述式問題がほとんどで、ことわざなどの知識問題や漢字も含まれているため注意が必要です。日頃からたくさんの本を読み、正確な読解力を身につけた上で、読み取った内容を自分の言葉で説明する練習を行いましょう。

理科の傾向と対策

例年、大問5題で構成されており、物理・化学・生物・地学の各分野から満遍なく出題されています。基本的な知識が幅広く問われますが、計算力や判断力が必要な問題も多いため、対策が必要です。過去問演習に取り組み、出題形式に慣れておきましょう。科学に関する時事問題が出題されることがあるため、普段から新聞やニュースで情報を入手することも大切です。

社会の傾向と対策

例年、大問2~3題で構成されており、地理・歴史・公民の各分野からバランスよく出題されています。苦手分野を作らない学習が必要です。用語記入問題が多く、用語は漢字まで正確に覚えることが大切です。またグラフや地図などの資料の読み取り問題も多数あるので、過去問や類似問題に取り組み、思考力を鍛えておきましょう。

 

恵泉女学園中学校基本情報

公式サイト

恵泉女学園中学校:https://www.keisen.jp/

基本情報

創立年

1947年

生徒数

630人(高校含む全校生徒:1196人)(2021年時点)

恵泉女学園中学校所在地情報

〒156-8520 東京都世田谷区船橋5-8-1

教育理念

自ら考え、発信する力を養う
一人ひとりに合わせたきめ細かい指導で確かな学力と人間性を養い、自ら考え発信する力を育てます。

 

育てたい生徒像
1.個としての自覚に目覚めた女性
2.平和への不屈の意志を持つ女性
3.「 いのち」の尊さを知る女性
4.知的探究心と確かな学力を備えた女性

 

引用元:恵泉女子学園中学校|教育方針・目標

中学校の特徴

恵泉女学園中学校は、女性キリスト者である河井道によって1929年に創立された恵泉女学園を母体としています。「聖書」「国際」「園芸」を柱とした教育を行っているのが特徴です。主体性・多様性・協働性を身に付けて、神と人とに仕え、自然を慈しみ、平和に奉仕する女性を育成しています。制服がなく、校章をつける以外に服装は自由となっています。礼拝が大切にされており、毎朝の礼拝の他にも多数ある独自の礼拝を通して、主体性を養います。国際理解教育では、幅広い文化・価値観を学び、英語力を高めることができます。園芸では、四季を通して様々な草花や野菜を育てます。種まきから収穫、加工、調理まで行うことで、多様な自然の在り方や感謝の心、他者と協働する力を養っています。また、学習計画表・試験結果表を活用した自立学習支援を行っており、生徒は主体的に学ぶ力を育むことができます。生徒の主体的な勉強を支える「S-park」と呼ばれる課外授業があることも特徴で、通常の講座以外に長期休暇中も実施しています。

 

オンライン家庭教師Wamの恵泉女学園中学校受験対策

恵泉女学園中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、恵泉女学園中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。