吉祥女子中学校の中学入試情報・受験対策

吉祥女子中学校の受験対策

難易度

吉祥女子中学校は武蔵野市にある私立女子中高一貫校です。偏差値は67程度となり、女子御三家に次ぐ難関校と言われています。完全型の中高一貫制で、高校からの生徒募集はありません。

入試の特徴と勉強のポイント

吉祥女子中学の入試は、国語と算数が50分、社会と理科が35分の試験時間となっています。国語と社会は文章量が非常に多く、算数と理科では試験時間に対して設問数が多く、試験時間に余裕はありません。どの科目も標準レベルの問題は確実に解けるように、十分な対策を行いましょう。

 

吉祥女子中学校の入試情報

【第1回】
募集人数:134名

国語(50分・100点)
算数(50分・100点)
社会(35分・70点)
理科(35分・100点)
アンケート(5分)

 

【第2回】
募集人数:100名

国語(50分・100点)
算数(50分・100点)
社会(35分・70点)
理科(35分・100点)
アンケート(5分)

 

引用元:吉祥女子中学・高等学校 2022年度 生徒募集要項・入学試験要項

 

吉祥女子中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問5題で構成されています。各単元からバランスよく出題されていますが、図形や速さ、割合が頻出となっています。後半の大問では難度の高い問題となっているので、前半を早く確実に解き、後半で時間をかけられるようにすることが大切です。

国語の傾向と対策

例年、大問2~3題で構成されています。長文読解が2題出題され、文章量が非常に多くなっています。日頃からたくさんの文章を読み、速読力と精読力を身につけておくことが大切です。長めの記述問題も出題されるので、記述の書き方を身につけておきましょう。

理科の傾向と対策

例年、大問4題で構成されており、地学・物理・生物・化学の各分野から1題ずつの出題となっています。前半は標準レベルですが、後半では女子校の中でも難易度の高い問題となっています。基礎的な知識は確実に身につけ、複数年分の過去問に取り組んでおきましょう。難関男子校の過去問に挑戦するのも有効的です。

社会の傾向と対策

例年、大問3題で構成されており、歴史・地理・公民の各分野から1題ずつの出題となっています。文章量が非常に多いため、時間配分には注意が必要です。時事問題が出題されるため、普段から新聞やニュースなどでの情報収集に加え、重大ニュース集にも目を通すと良いでしょう。

 

吉祥女子中学校基本情報

公式サイト

吉祥女子中学校:https://www.kichijo-joshi.jp/

基本情報

創立年

1938年

生徒数

745名(2022年4月時点)

吉祥女子中学校所在地情報

〒180-0002  東京都武蔵野市吉祥寺東町4-12-20

教育理念

建学の精神「社会に貢献する自立した女性の育成」
Educating students to become independent women
who contribute to our society

 

引用元:吉祥女子中学校・高等学校 建学の精神と校是

 

吉祥女子中学校の特徴

吉祥女子中学校は、中高一貫の女子校となっています。6か年の教育を前提とし、主体的に学び知的好奇心を育むためのカリキュラムが組まれています。授業は「学びの深化」を目指し一般的な中学校より早い進度で組み立てられていますが、生徒の理解度に合わせて補習も行っておりフォローアップ対策も整えられています。また夏休みには、東京外国語大学、東京学芸大学、国際基督教大学などとの高大連携協定による出張授業や体験授業などの教養講座や、分野ごとの細分化した夏期講習などが設けられています。

 

オンライン家庭教師Wamの吉祥女子中学校受験対策

吉祥女子中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、吉祥女子中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。