東京学芸大学附属国際中等教育学校の中学入試情報・受験対策

東京学芸大学附属国際中等教育学校の受験対策

難易度

東京学芸大学附属国際中等教育学校は、東京都練馬区東大泉にある偏差値65程度の共学校です。

生徒全体の約40%が帰国生徒または外国籍の生徒であり、外国語教育、国際理解教育を積極的に取り入れた学校となっています。

入試の特徴勉強のポイント

東京学芸大学附属国際中等教育学校は、英語教育に力を入れている学校です。

そのため入試形式は、国語、算数、社会、理科の四科目試験ではなく、外国語作文と面接または適性検査と面接となります。面接は家族や先生などに協力してもらい、しっかりと対策をしておくとよいでしょう。

 

東京学芸大学附属国際中等教育学校の入試情報

第1学年 入学選抜

《募集人員》

第1学年 約 60 名(男女の別は問わない)

内訳 A 方式 約 30 名、B 方式 約 30 名

●A方式

《試験科目》

外国語作文(45分・85点満点)

※外国語作文の言語は、出願時に受検生が、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・韓国/朝鮮語のうちから一つ選択する。

基礎日本語作文(30分・15点満点)

面接(50点満点)

※面接は志願者のみの集団面接で、原則として日本語で行う

●B方式

適性検査Ⅰ(45分・50点満点)

適性検査Ⅱ (45分・50点満点)

面接  (50点満点)

※面接は志願者のみの集団面接で、原則として日本語で行う

 

令和4(2022)年度9月編入学 生徒募集要項 東京学芸大学附属国際中等教育学校

第2・3学年 4月編入選抜

《募集人員》

第2・3学年 それぞれ数名(男女の別は問わない)

《試験科目》

外国語作文(45分・85点満点)

※外国語作文の言語は、出願時に受検生が、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・韓国/朝鮮語のうちから一つ選択する。

基礎日本語作文(30分・15点満点)

面接(50点満点)

※面接は志願者のみの集団面接で、原則として日本語で行う

 

令和4(2022)年度4月入学・編入学 生徒募集要項 東京学芸大学附属国際中等教育学校

 

東京学芸大学附属国際中等教育学校基本情報

公式サイト

東京学芸大学附属国際中等教育学校:https://www.iss.oizumi.u-gakugei.ac.jp/

基本情報

創立年

2007年

生徒数

338人(後期課程含む全校生徒:703人)(2022年4月)

東京学芸大学附属国際中等教育学校 所在地情報

〒178-0063  東京都練馬区東大泉五丁目22番1号

教育理念

①グローバルな視野の育成
②多文化共生の教育
③多様性と共通の価値・ルールの確立
④社会参加を通した市民性の育成
⑤基本的な知識・技能の習得と特色ある中等教育のカリキュラムの開発

 

引用元:東京学芸大学附属国際中等教育学校 学校紹介

中学校の特徴

東京学芸大学附属国際中等教育学校は、基本知識・技能や多様性を受け入れる能力を身に付け、国際的な視野で社会の課題を解決できる人材を育成しています。国際バカロレア(IB)のIB World Schoolに認定されており、国際教養や課題解決学習に力を入れていることが特徴です。英語は少人数制の習熟度別による教育が重視されており、ディスカッションができることを目標に、高度な英語力を養うことができます。国際教養を深めるワークキャンプの他、ジュニアインターンシップ、スポーツフェスティバル、スクールフェスティバルなど、独自の学校行事があることも特徴です。部活動については、運動部が10、文化部が9あります。

 

オンライン家庭教師Wamの東京学芸大学附属国際中等教育学校受験対策

東京学芸大学附属国際中等教育学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京学芸大学附属国際中等教育学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。