近畿大学附属新宮中学校の中学入試情報・受験対策

近畿大学附属新宮中学校の受験対策

難易度

近畿大学附属新宮中学校は新宮市にある男女共学の私立中高一貫校で、偏差値は57程度となります。特別推薦入学試験制度があり、1/3程度の学生はこの制度を利用し近畿大学へ進学しています。そのほかの学生は、和歌山大学をはじめとする国公立や関関同立など有名私立の合格実績があります。

入試の特徴勉強のポイント

近畿大学附属新宮中学校の入試は、前期と後期に分かれています。試験内容はどちらも国語、算数の学科試験と保護者同伴による面接が課されます。前期日程で不合格の場合は、後期日程で再度受験することが可能となっています。過去問演習をしっかり行い、出題傾向に慣れておきましょう。

 

近畿大学附属新宮中学校の入試情報

【前期入学試験】

《募集人数》
中高一貫コース:60人程度

《選考方法》
国語(45分100点)、算数(45分100点)、面接(保護者同伴による)

【後期入学試験】

《募集人数》
中高一貫コース:10人程度

《選考方法》
国語(45分100点)、算数(45分100点)、面接(保護者同伴による)

 

参照:令和4年度近畿大学附属新宮中学校入学試験要項

 

近畿大学附属新宮中学校基本情報

公式サイト

近畿大学附属新宮中学校:https://www.shingu.kindai.ac.jp/

基本情報

創立年

1963年

生徒数

119名(2021年5月時点)

近畿大学附属新宮中学校所在地情報

〒647-0081 和歌山県新宮市新宮4966番地

教育理念

Do It First

 

引用元:教育理念/近畿大学附属新宮中学校

中学校の特徴

近畿大学附属新宮中学校は中高一貫校で、紀南地方唯一の私立進学校となっています。近畿大学の「実学教育と人格の陶冶」という建学の精神のもと、習熟度別授業や英語のアクティブ・ラーニングなどを取り入れた教育を行っています。そのほか、サイエンス・ラボやインタレスティング・ニュースなど独自の学習を行い「主体的に学ぶ力」を養います。また先取学習を行っており3年次には高校内容に取り掛かることで、6年次(高校3年)に大学受験に集中できる環境を整えます。

 

オンライン家庭教師Wamの近畿大学附属新宮中学校受験対策

近畿大学附属新宮中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、近畿大学附属新宮中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。