山口県の中学入試情報・受験対策

山口県の中学受験概要

山口県で中学受験がある学校は全部で12校あります。私立中学校は「晃英館中学校」「慶進中学校」などの8校があり、すべて中高一貫校になります。国立中学校は「山口大学教育学部附属光中学校」「山口大学教育学部附属山口中学校」の2校のみです。どちらも県内で高い学力を誇る中学校になります。学力検査だけでなく、「山口大学教育学部附属光中学校」では個人面接、「山口大学教育学部附属山口中学校」では集団面接が行われます。そのため、学校や塾の先生、家族に協力してもらいながら面接の練習を行っておきましょう。公立中学校は「山口県立下関中等教育学校」「山口県立高森みどり中学校」の2校のみになります。選考方法は記述式の課題2題と面接です。文章量の多い問題が多いですが、問題文をしっかりと読み取ることが大切です。

 

 

山口県の中学受験対策

山口大学教育学部附属山口中学校

国語・算数・理科・社会・英語の筆記試験と面接になります。試験時間は英語20分、英語以外の科目25分です。全科目試験時間が短いため、時間配分に注意しましょう。分からない問題があったときは、あまり時間を掛けすぎないようにしてください。分かる問題から解いていき、最後に分からない問題に挑戦するとよいでしょう。


晃英館中学校

専願入試では、作文と面接を行っています。面接は慣れない状態で挑んでしまうと、焦りや不安から目が泳いだり、落ち着きのない態度をとってしまうなど面接官に悪い印象を与えてしまいます。そのため、「どんな質問がきても大丈夫」と自分に自信を持つためにも、家族や学校・塾の先生に協力してもらい面接の練習をしっかりと行いましょう。作文は字数制限や書く内容、段落構成などの指定があることが多いです。指定通りに書けるようにするためにも、多くの作文を書いて作文の書き方に慣れておくとよいでしょう。一般入試は、A・B日程の2日程あり、どちらも3教科型(国語・算数・英語)と4教科型(国語・算数・理科・社会)のいずれかを選択して受験します。全教科とも小学校で習う基礎をしっかりと身に付けたうえで、問題集や応用問題に取り組みましょう。


慶進中学校

国語・算数で各50分・理科・社会で各30分の筆記試験と30分程度の集団面接になります。集団面接では、他の受験生と比較されやすくなるためプレッシャーを感じてしまいますが、プレッシャーに負けず、自信を持って受け答えできるようにするためにも、よく聞かれる質問を想定して面接の練習をしておきましょう。

 

 

オンライン家庭教師WAMの山口県の中学受験対策

山口県の中学入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、山口県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!