山梨県の中学入試情報・受験対策

山梨県の中学受験概要

山梨県で中学受験ができる中学校は、公立「北杜市立甲陵中学校」、国立「山梨大学教育人間科学部附属中学校」、私立4校の合計6校です。私立中高一貫校の入試は、2科目または4科目、国語・算数・英語の3科目などの筆記試験が実施されますが、公立中高一貫校である「北杜市立甲陵中学校」の入試では適性検査が行われます。適性検査は考える力を重視した教科横断型の検査です。そのため、ただ暗記するだけでなく、「なぜそうなるのか」を記述できる程度まで理解しておく必要があります。山梨県の中学受験は筆記試験だけでなく面接試験も課されます。面接は慣れない状態で挑んでしまうと、焦りや不安から落ち着きのない態度をとってしまい面接官に悪い印象を与えてしまいます。「どんな質問がきても大丈夫」と自分に自信を持つためにも、家族や学校・塾の先生に協力してもらい面接の練習をしっかりと行いましょう。さらに作文が課される学校もあります。作文は字数制限や書く内容、段落構成などの指定があることが多いため、指定通りに書けるように多くの作文を書き、学校や塾の先生に添削指導をしてもらいましょう。

 

 

山梨県の中学受験対策

北杜市立甲陵中学校

適性検査、作文、面接等によって入学者を選抜しています。適性検査は、奇問や難問は出題されませんが問題文が長文で複雑な傾向にあります。問題文を正確に読み取るためにも、過去問を活用して適性検査の問題に慣れておきましょう。また、受験勉強だけでなく、作文や面接の対策も忘れずしっかりと行うことが大切です。


駿台甲府中学校

国語・算数・理科・社会の4教科の筆記試験と面接で試験が行われます。試験時間は国語と算数が各50分、理科と社会が各30分となります。理科と社会は試験時間が短いため、時間配分には注意が必要です。また、面接試験は児童のみの面接となります。面接官の質問に対してしっかりと対応できるように、よく聞かれる質問を想定した面接の練習をしておきましょう。


山梨大学教育人間科学部附属中学校

入学者選抜は、国語・算数の2教科の検査と作文、面接で行われます。附属小学校からの志願者については 面接は実施されません。国語、算数は小学校1年生から小学校6年生の夏休み前までの教科書が示す学習内容から出題されます。そのため、小学校の国語、算数の教科書の基礎知識はしっかりと身につけておきましょう。また、受験勉強だけでなく、作文や面接の対策も忘れずしっかりと行うことが大切です。

 

 

オンライン家庭教師WAMの山梨県の中学受験対策

山梨県の中学入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、山梨県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!