愛知大学の入試情報・偏差値・受験対策

愛知大学の受験対策

偏差値・難易度

愛知県における有名私立大学グループ「愛愛名中」の一つ。偏差値は学部・学科によって異なりますが、50前後です。経営学部の難易度が高く、地域政策学部の難易度が低い傾向にあります。共通テストにおいては5割強~7割5分程度が合格に求められます。

 

入試の特徴・勉強のポイント

愛知大学の入試は、一般選抜において様々な入試方式を実施しています。短期大学部の「共通テスト利用入試(前期)・短大共通テスト利用入試(前期)」「共通テスト利用入試(後期)・短大共通テスト利用入試(後期)」を除いて、すべての学部・入試方式で外国語が必須となっています。問題の難易度は標準的なため、少しの失点が合否を分けることになります。取りこぼしがないようにしっかりと基本を押さえ、正確に解答できるようにしましょう。

 

 

愛知大学の学部情報

法学部/経済学部/経営学部/現代中国学部/国際コミュニケーション学部/文学部/地域政策学部/短期大学部

 

 

愛知大学基本情報

公式サイト

愛知大学:https://www.aichi-u.ac.jp/

基本情報

創立年

1946年

生徒数

9,672人(2021年5月1日現在)

教育理念

【建学の精神】

世界文化と平和への貢献

国際的教養と視野をもった人材の育成

地域社会への貢献

 

引用元:愛知大学‐教育方針

 

大学の特徴

愛知大学は、日中友好を成すため1901年に中国の上海に設置された「東亜同文書院」を前身としており、敗戦を経て1946年に創立されました。高い教養と専門的能力を養い、国際的視野を持って社会に貢献できる人材を育成しています。知名度が高く立地が良いことに加え、国内で唯一の「現代中国」を専門とする学部を有しているのが特徴です。現代中国学部では、2年次に中国の天津で学ぶ「現地プログラム」を必修としています。国際コミュニケーション学部においても、アメリカやイギリスで「国際フィールドワーク」を行うなど、現地学習を重視した様々なプログラム・制度があります。多数の国・地域の大学と提携しており、1年間の長期留学や1か月程度の短期語学セミナーといった留学制度が充実しています。資格については、小学校・中学校・高校の教員免許、司書、司書教諭、学芸員、社会教育主事、、社会調査士、認定心理士などが取得可能です。

 

 

愛知大学キャンパス情報

名古屋キャンパス

学部:法学部・経済学部・経営学部・現代中国学部・国際コミュニケーション学部
住所:〒453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60の6

豊橋キャンパス

学部:文学部・地域政策学部
住所:〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1の1

車道キャンパス

住所:〒461-8641 愛知県名古屋市東区筒井2丁目10の31

 

 

オンライン家庭教師WAMの愛知大学受験対策

愛知大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、愛知大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。