千葉大学法政経学部の入試情報・受験対策

千葉大学法政経学部の受験対策

難易度

千葉大学法政経学部の偏差値は学科によって異なりますが、57.5程度です。共通テストでは、7割〜8割弱得点することが合格の目安です。共通テストの得点率は、前期が低い傾向にあります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

千葉大学法政経学部の入試について、前期は国語・数学・外国語の3科目で行われ、後期は総合問題です。各科目の配点について前期は国語300点、数学300点、外国語300点で、後期は総合問題400点となっています。前期は共通テストに対して個別学力検査の配点が非常に高くなっています。また、指定の外国語検定試験で一定の成績を修めた場合、成績に応じて外国語を満点とし受験を免除、あるいは所定の点数が加算されます。
全体を通して標準レベルの出題となっているため、基本的な問題は解答できるようにしましょう。

 

 

千葉大学法政経学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

大問3題で現代文・古文・漢文が1題ずつ出題されます。現代文は記述問題が多いため、対策が必要です。古文は問題数が多いため、知識問題を素早く解答できるようにしておきましょう。漢文は基礎を固めることが重要です。

 

数学の傾向と対策

大問4題で二次関数・微積・確立などがよく出題されます。全体的には標準的なレベルの問題が多くなっています。基本を身に付け、問題演習を行いましょう。年度によっては計算量が多くなることもあるため、過去問演習で時間配分を考えることも重要です。

 

英語の傾向と対策

大問3題で長文読解2題と英作文1題が出題されます。長文読解の文章量が多いため、時間配分が重要です。設問が英語で書かれることもあるため、過去問で出る内容を把握しておくとよいでしょう。語句や文法の難易度は高くないですが、幅広いジャンルの文章が出るため、多くの英文に触れましょう。英作文は基礎的な単語や文法を身に付けましょう。

 

 

千葉大学法政経学部基本情報

公式サイト

千葉大学法政経学部:https://www.le.chiba-u.jp/

基本情報

創立年

2014年

生徒数

1,584人(2021年05月時点)

教育理念

特徴あるカリキュラムを通じて「問題解決のプロフェッショナル」たりうる高度専門職業人を養成します。

 

引用元:千葉大学法政経学部

 

千葉大学法政経学部の特徴

千葉大学法政経学部は2014年に開設され、学科は法政経学科のみの1学科制です。法学、経済学、経営・会計系、政治学・政策学といった社会諸科学の分野で、問題解決能力と指導力を持った人材を育成しています。2年次に法学、経済学、経営・会計系、政治学・政策学の4つのコースに分かれます。コースを超えて授業を履修することもできます。独自のカリキュラムに加えて、留学生との交流やボランティア活動なども可能なため、様々な経験を通して問題解決能力を養うことができる環境となっています。資格については、学芸員・司書が取得可能です。

 

 

千葉大学法政経学部キャンパス情報

西千葉キャンパス

学部:本部・国際教養学部・文学部・法政経学部・教育学部・理学部・工学部
住所:〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1の33

 

 

オンライン家庭教師Wamの千葉大学法政経学部受験対策

千葉大学法政経学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、千葉大学法政経学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。