千葉大学看護学部の入試情報・受験対策

千葉大学看護学部の受験対策

難易度

千葉大学看護学部の偏差値は55程度です。共通テストでは、7割弱程度得点することが合格の目安です。難易度はやや高くなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

千葉大学看護学部の入試は前期のみで、理科(物理・化学・生物から選択)2科目・外国語・面接の3科目で行われます。各科目の配点について理科500点(選択250点・選択250点)、外国語300点、面接100点となっています。共通テストに対して個別学力検査の配点が非常に高くなっています。また、指定の外国語検定試験で一定の成績を修めた場合、成績に応じて外国語を満点とし受験を免除、あるいは所定の点数が加算されます。
全体を通して標準レベルの出題となっているため、基本的な問題は解答できるようにしましょう。

 

 

千葉大学看護学部の科目別傾向と対策

英語の傾向と対策

大問1・2が長文読解、大問3が英作文となっています。長文読解の内容は様々で、語彙・文法は標準レベルです。問題文が英語になる場合があるため、過去問で確認しておきましょう。英作文は5問出題され、基本問題となっています。教科書の内容を定着させることが重要です。

 

理科の傾向と対策

物理:大問6題のうち指定された3~4題を解答します。力学・電磁気を中心に幅広く問う出題となっています。各大問の後半は応用問題で、論述問題や計算問題が出題されます。グラフを描く問題が出ることもあるため、過去問で対策を行いましょう。
化学:大問4~6題のうち指定された大問を解答します。理論化学・有機を中心に、論述問題や計算問題が出題されます。知識問題も幅広く出るため、教科書の知識は確実に身に付けておきましょう。
生物:大問6~9題のうち指定された3~5題を解答します。知識問題や論述問題、考察問題、計算問題など、幅広い出題形式です。内容としてはDNAや遺伝子についての問題がよく出ます。基本を押さえ、論述問題や考察問題の演習を行いましょう。

 

 

千葉大学看護学部基本情報

公式サイト

千葉大学看護学部:https://www.n.chiba-u.jp/

基本情報

創立年

1975年

生徒数

332人(2021年05月時点)

教育理念

千葉大学看護学部における学士課程の教育は、多様な学問体系を包含する総合大学の環境の中で、豊かな感受性と創造力、柔軟かつ論理的な思考力、幅広い問題意識、確かな倫理観を備えた調和のとれた人間性を育むことを重視します。この人間性の涵養を基盤に、看護学を教授することにより、あらゆる成長発達段階にある人々、あらゆる健康状態にある人々、様々な環境下で暮らす人々に看護を提供するための基礎的能力を育成します。そして、多様な人々との連携・協働の中で、看護専門職としての役割を明確に示しながら現代社会の要請に積極的に応え、以て看護実践の向上ならびに看護学の発展に主体的に貢献できる人材を育成します。

 

引用元:千葉大学看護学部

 

千葉大学看護学部の特徴

千葉大学看護学部は1975年に設置され、学科は看護学科のみの1学科制です。独立した看護学部としては国立大学で唯一となっています。看護師・保健師・助産師に必要な看護に関する幅広い専門知識を持ち、医療・保健の分野を超えて総合的に社会貢献できる人材を育成しています。総合大学であるため、サークルなどで他学部生との交流も活発に行われています。あらゆる人々への看護の提供を目的としており、多様な学問を通して基盤となる人間性を養うことのできる環境が特徴です。協定留学では、海外の看護大学に留学することもできます。資格については、看護師・保健師・助産師それぞれの受験資格が取得可能です。助産師国家試験の受験資格については、履修時に所定の科目を選択する必要があります。いずれの資格も、全国で高い国家試験合格率を誇っています。

 

 

千葉大学看護学部キャンパス情報

亥鼻キャンパス

学部:医学部・薬学部・看護学部
住所:〒260-8670(医)・〒260-8675(薬)・〒260-8672(看護) 千葉市中央区亥鼻1丁目8の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの千葉大学看護学部受験対策

千葉大学看護学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、千葉大学看護学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。