中央大学法学部の入試情報・偏差値・受験対策

中央大学法学部の受験対策

偏差値・難易度

中央大学法学部の偏差値は、学科により異なりますが57.5~65程度です。学部内では法律学科が最も高くなっています。共通テストでは、8割以上の得点が合格への目安です。

 

入試の特徴・勉強のポイント

中央大学法学部の入試は、英語の配点が150点満点で、他の科目より50点高くなっています。また、国際企業関係法学科の英語も配点が200点満点と重視されています。法律学科、国際企業関係法学科、政治学科で問題が異なりますので、過去問をしっかり解いておきましょう。

 

 

中央大学法学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語の問題は大問3題で構成されており、マーク式と記述式の解答方式となっています。現代文の内容を素早く把握できるよう読解力を養っておきましょう。
古文は、基礎知識をしっかりと学習し、古語や文法は徹底的におさえておきましょう。

 

数学の傾向と対策

数学の問題は大問3題構成で記述式の解答方式となり、難易度は標準的レベルです。教科書を中心に学習し、出題傾向に合わせ公式を使えるようしっかり身につけておきましょう。微積分が頻出傾向です。証明問題も出題されますので、答案作成など論理的解答ができるよう学習しておく必要があります。過去問演習などで出題形式に慣れておくと有利です。

 

英語の傾向と対策

英語の問題は大問8題構成でマーク式と記述式の解答方式になります。比重の大きい長文読解問題への対策が鍵となります。速読を意識し、設問文に先に目を通し、必要な情報だけを押さえ解答をしていきましょう。英文和訳・英作文が頻出です。英文和訳では演習と添削が重要となり、英作文では普段から書く練習をし、数をこなすことが重要となります。過去問演習などで出題傾向にも慣れておきましょう。

 

地歴公民の傾向と対策

世界史の問題は大問3題で構成されており、マーク式と記述式の解答方式です。正誤問題や記述問題が頻出するため、語句や物事の背景など教科書や用語集の知識をきちんと正確に覚えておきましょう。
日本史の問題は大問4題で構成されており、記号選択式と記述式の解答方式です。正誤問題が多く知識を正確に覚えておく必要があります。日本史はテーマ史が出題されるので、テーマ別の参考書などを用いた学習がとても効果的です。出題傾向になれるため過去問でしっかり対策をしておきましょう。
政治経済の問題は大問3題で構成されており、マーク式と記述式の解答方式です。標準的な問題が多く出題されるので、まずは教科書内容を完璧に理解するようにしましょう。憲法関係が頻出傾向にあるので、重点的な対策が必要です。論述問題は必ず出題されますので、政治や経済関連のトピックスは必ず目を通しておき、説明できるようにしておきましょう。

 

 

中央大学法学部基本情報

公式サイト

中央大学法学部:https://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/law/

基本情報

創立年

1920年

生徒数

5794人(2021年5月1日時点)

教育理念

法学及び政治学の分野に関する理論と諸現象にかかる教育研究を行い、幅広い教養と深い専門的知識に裏打ちされた理解力、分析力及び問題解決能力を涵養し、現代社会のさまざまな分野において活躍することのできる人材を養成する。

 

引用元:学部概要

 

中央大学法学部の特徴

中央大学の法学部は「英吉利法律学校」を前身とし130年近くの歴史をもつ伝統ある学部です。法律学科と政治学科では学生の将来像や興味関心に応じて選択できるコース制が導入されており、法学科には「法曹」「公共法務」「企業」の3コース、政治学科には「公共政策」「地域創造」「国際政治」「メディア政治」の4コースが設置されています。
法学部では、法律や政治の基本的な知識と外国語能力や実践的能力が必要になることから、独自の留学プログラムやインターンシップ(国際、行政、NPO・NGO、法務)、やる気応援奨学金を利用した留学等の支援があることも特徴です。卒業後は、公務員、金融・保険業、不動産など多岐にわたる分野へ就職することができます。

 

 

中央大学法学部キャンパス情報

多摩キャンパス

学部:法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部・通信教育課程
住所:〒192-0393 東京都八王子市東中野742の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの中央大学法学部受験対策

中央大学法学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、中央大学法学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。