藤田医科大学の入試情報・偏差値・受験対策

藤田医科大学の受験対策

偏差値・難易度

藤田医科大学の偏差値は、保健衛生学部が65.0程度、保健衛生学部が47.5程度、保健衛生学部が45~50程度となっています。私立大学の保健衛生学部における位置づけは中堅レベルとなります。共通テスト得点率はおおよそ60%~90%となります。藤田医科大学保健衛生学部の合格難易度は全国の保健衛生学部の中でも比較的低くなっています。

 

入試の特徴勉強のポイント

藤田医科大学の入試は英語・数学・理科の3科目で行われますが、一部学科では国語を選択することも可能です。保健衛生学部の一般入試では、一次試験で学科試験(英・数・理)と小論文、二次試験で面接が課されます。問題の難易度は標準~やや難レベルとなっています。各科目網羅的に、かつ本質をしっかりと押さえる学習を行いましょう。
入試形式として、現役生と一浪の人が受験できる保健衛生学部の「ふじた未来入学試験」や、保健衛生学部・保健衛生学部の「アセンブリ入学試験」などもありますので、入試要項をしっかりと確認しましょう。

 

 

藤田医科大学の学部情報

医学部/医療科学部/保健衛生学部

 

 

藤田医科大学基本情報

公式サイト

藤田医科大学:https://www.fujita-hu.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1968年

生徒数

2,707人(2022年5月時点)

教育理念

「独創一理」

 

引用元:藤田医科大学|建学の理念

 

大学の特徴

藤田医科大学は、保健衛生学部・保健衛生学部・保健衛生学部の3学部で構成された私立の医療系大学で、チーム医療を学び、専門職連携のできる良き医療人、最先端の医療人の育成を目的としています。チーム医療の先駆けである「多職種連携(アセンブリ)教育」を開学以来の伝統としており、1年生~最終学年にかけてアセンブリⅠ~Ⅳの累進型プログラムとして提供されています。アセンブリⅠでは「コミュニケーション」、アセンブリⅡでは「チームワーク」、アセンブリⅢでは「患者中心の考え方」、アセンブリⅣでは医療現場での「職種間の連携」を学ぶことができます。全国最多の一般病床数を有する藤田医科大学病院を含む4つの教育病院を有し、先端医療から一般的急性期医療、リハビリ、終末期医療までのすべての実習や研修が可能となっています。「THE世界大学ランキング」で近年、国内私立大学トップクラスの高い評価を受けており、医師国家試験の合格率も全国トップクラスとなっています。

 

 

藤田医科大学キャンパス情報

キャンパス

学部:全学部
住所:〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪1番地98

 

 

オンライン家庭教師WAMの藤田医科大学受験対策

藤田医科大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、藤田医科大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。