広島大学総合科学部の入試情報・受験対策

広島大学総合科学部の受験対策

難易度

広島大学総合科学部の偏差値は、学科ごとにおよそ52.5 ~ 60.0です。中でも国際共創学科が高くなっています。共通テストにおいて確実に合格を勝ち取るには7割以上の得点を求められるレベルです。

 

入試の特徴と勉強のポイント

広島大学総合科学部の一般選抜は、前期日程と後期日程で行われます。個別学力試験の科目は、志望する学科によって異なり、前期日程では文科系と理科系いずれか一方を出願時に選択します。前期日程の個別学力試験の配点が高いため、共通テスト対策と並行して学習を行う必要があります。標準レベルの問題が中心となりますが、基礎を徹底的に身につけ弱点をなくし、問題の解き方を表面的に理解するのではなく、解答の理由や意味を考えて学習する事が合格のカギとなります。

 

 

広島大学総合科学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語は現代文3題で構成されており、解答形式はすべて記述式です。記述説明の問題が非常に多く、時間配分には注意が必要となります。表現効果を問う記述問題も出題される傾向があるため、過去問に取り組み対策を行いましょう。
※法学部・医学部・歯学部と同様

数学の傾向と対策

数学は例年大問5題で構成され、解答形式はすべて記述式です。数学Ⅲを含む幅広い分野から出題されており、微分積分は頻出となっています。数学Ⅲを優先的に学習し、応用問題まで取り組む必要があります。過去問や演習問題をたくさんこなしておきましょう。
※教育学部(理系数学)・理学部・医学部・歯学部(理系数学)・薬学部・工学部・生物生産学部・情報科学部(理系数学)と同様

英語の傾向と対策

英語は例年大問4~5題で構成され、解答形式はすべて記述式です。長文読解では、指定された文字数で、日本語で要約する特徴的な問題が出題されます。読解量も記述量も多いため、時間配分を意識しながら過去問に取り組みましょう。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部・理学部・医学部・歯学部・薬学部・工学部・生物生産学部・情報科学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理は例年大問3~4題で構成され、解答形式はすべて記述式です。空欄補充問題が多く、力学と電磁気が頻出分野となり、熱力学と波動も出題傾向にあります。問題数が多いため、時間配分に注意しましょう。

 

化学は例年大問3~4題で構成され、解答形式はすべて記述式です。理論、無機、有機化学から満遍なく出題されるため、苦手分野を作らないようにしましょう。

 

生物は例年大問4~5題で構成され、解答形式はすべて記述式です。全分野から幅広く出題されるため、満遍なく学習することが大切です。論述問題の対策は必ず行いましょう。

 

※教育学部・理学部・医学部・歯学部・薬学部・工学部・生物生産学部と同様

 

小論文の傾向と対策

複数の課題文を読み、小論文を作成してタイトルを付けるという問題が出題傾向です。論理的な思考力や独創性及び読解力、文章の記述力・表現力が総合的に問われます。小論文作成の練習に取り組み、先生に添削をしてもらいましょう。

 

 

広島大学総合科学部基本情報

公式サイト

広島大学総合科学部:https://www.hiroshima-u.ac.jp/souka

基本情報

創立年

1974年

生徒数

719人(2021年05月時点)

教育理念

「総合科学」

引用元:総合科学部設立の趣旨・沿革

広島大学総合科学部の特徴

広島大学総合科学部は、「総合科学科」と「国際共創学科」の2学科で構成されています。「総合科学科」は「総合的知見と思考力」を養うことを目的としています。人間探求領域、自然探求領域、社会探求領域の3つの領域と、各領域に4つずつ(合計12)の授業科目群が設定されており、文理融合の総合的な学びを受けることができます。「国際共創学科」は、2018年に新設された学科で、文理融合型のリベラルアーツ教育が行われています。留学生とともに英語で授業を受けることになり、グローバル社会に対応した語学力やコミュニケーション能力を養うことができます。日本人学生は、約半年間の留学が必須となっています。1年次より就職・キャリア支援が実施されており、早い内から将来の目標を定めるためのサポートを受けることが可能です。

 

広島大学総合科学部キャンパス情報

東広島キャンパス

学部:総合科学部・教育学部・生物生産学部・文学部・法学部(昼間コース)・経済学部(昼間コース)・理学部・工学部
住所:〒739-8511 東広島市鏡山一丁目3番2号

 

オンライン家庭教師Wamの広島大学総合科学部受験対策

広島大学総合科学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、広島大学総合科学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。