北海道大学経済学部の入試情報・偏差値・受験対策

北海道大学経済学部の受験対策

偏差値・難易度

北海道大学経済学部の偏差値は60程度で、北海道大学の学部内では標準的な難易度です。共通テストで8割程度得点することが合格への目安となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

北海道大学経済学部の学部別入試は学部単位で募集されます。
問題傾向としては例年変わりなく、良問が多くなっていますので基礎力がしっかりと定着しているかが重要になります。まずは教科書内容を正確に理解し、それを応用できるように演習を重ねましょう。過去問は必ず行い、傾向を把握しましょう。

 

 

北海道大学経済学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語は現代文2,古文1,漢文1の4題構成となっています。現代文、漢文の難易度は標準レベルですが、古文の難易度が高めとなっています。古典文法や単語以外に和歌や時代背景なども学習しておくとよいでしょう。過去問・問題集を使用し、読解力と自分の言葉で解答できる表現力を養うことが大切です。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部と同様

 

数学の傾向と対策

数学は大問4題構成で、数Ⅱ、数Bからの出題が多くなっています。近年微積分が頻出となっています。解答の際は完答できなくてもいいので、途中式などはしっかりと書くようにしましょう。過去問や問題集を使用し時間配分を含めしっかりと対策を行いましょう。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部と同様

 

英語の傾向と対策

英語の難易度は共通テストレベルからMARCHレベルで、問題は長文2、英作文1,会話文1の4題構成となっています。問題形式は記述式である内容説明問題や内容一致問題など多岐にわたりますので、他の国立大学を含む過去問や問題集で時間配分も含めてたくさん演習を重ねるとよいでしょう。単語以外に熟語・文法なども正確に理解できることが重要です。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部・理学部・医学部・歯学部・薬学部・工学部・農学部・獣医学部・水産学部と同様

 

地歴公民の傾向と対策

日本史:難易度は標準レベルで大問4題構成となります。どの時代からも出題される可能性はありますので、まずは苦手範囲をなくし教科書内容をしっかりと定着させましょう。論述問題もありますので、物事の暗記だけではなく背景など含めて自分の言葉で表現できるようになりましょう。

 

世界史:大問3題構成となっています。難しい問題も中にはありますが、基本的には教科書レベルの問題が多くなっています。幅広い範囲から出題されますので、まずは苦手分野をなくし教科書内容をしっかりと理解しましょう。物事の暗記だけでなく時代背景なども併せて覚え、論述式の問題に慣れることが大切です。

 

地理:大問4題構成で難易度は標準レベルとなっています。論述・記述式の問題が中心で、自分の言葉で表現できる力が必要になります。基礎知識のほか、図や資料の読み取りにも慣れておくとよいでしょう。

 

※文学部・教育学部・法学部・経済学部と同様

 

 

北海道大学経済学部基本情報

公式サイト

北海道大学経済学部:https://www.econ.hokudai.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1953年

生徒数

630人(2021年5月時点)

教育理念

本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神、国際性の涵養、全人教育、実学の重視)の下、社会科学的思考法を修得し、かつ、現代社会の諸問題を解決できる人材を育成することを教育目標としています。

 

引用元:北海道大学経済学部 ディプロマ・ポリシー

 

 

北海道大学経済学部の特徴

北海道大学経済学部では1年次に「全学教育科目」で基礎を学んだのち、2年次から専門科目を履修し始めます。2年次のマクロ経済学I,ミクロ経済学Iから3・4年次のマクロ経済学IIやミクロ経済学IIというように基礎内容から専門的な内容へと段階的に知識、考え方を修得できるようなカリキュラムが組まれています。3・4年次の2年間は少人数制のゼミを必修科目として毎日時間割の最後に配置されていることが特徴で、教員からの細やかな指導はもちろん、先輩から卒業論文や就職活動におけるアドバイスを受けることができるのも魅力の一つとなっています。

 

 

北海道大学経済学部キャンパス情報

札幌キャンパス

学部:法学部・経済学部
住所:〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西7丁目

 

 

オンライン家庭教師WAMの北海道大学経済学部受験対策

北海道大学経済学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、北海道大学経済学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。