星薬科大学の入試情報・偏差値・受験対策

星薬科大学の受験対策

偏差値・難易度

星薬科大学は東京都品川区にキャンパスを置く私立大学で、偏差値は52.5~60.0程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには6~7割程度の得点が求められます。2022年度一般選抜の競争率は方式によって異なりますが、薬学科が3.0~4.2倍、創薬科学科が2.1~2.8倍となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

星薬科大学の一般選抜は、A方式(大学入学共通テスト利用)、B方式(個別試験)、S方式(共通テスト・個別試験併用)の3種類があります。A・S方式は共通テストを受験する必要があり、試験科目はA方式が数学・理科・外国語、S方式が数学・外国語となります。個別試験については、B方式が数学・化学・外国語、S方式では化学が課されるため、基本事項をしっかりと定着させ、複数年分の過去問で出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

 

星薬科大学の学部情報

薬学部

 

星薬科大学基本情報

公式サイト

星薬科大学:https://www.hoshi.ac.jp/site/

 

基本情報

創立年

1911年

生徒数

1,764人(2021年5月1日現在)

教育理念

「親切第一」

 

引用元:星薬科大学|大学概要|建学の精神、教育理念及び教育目的

 

大学の特徴

星薬科大学は、2021年に創立110周年を迎えた歴史と伝統ある大学で、「薬学を通じて、世界に奉仕する人材育成の揺籃である」ことを建学の精神としています。薬学部に、薬学科(6年制)と創薬科学科(4年制)の2学科を設置し、それぞれで独自の教育を展開することで、薬学の進化・発展に貢献するスペシャリストの育成を目指しています。高度な専門知識はもちろん、広い視野と教養、総合的な判断力を養うために、自然科学をはじめ、社会科学、人文科学など幅広い学問分野の授業科目を設定しています。

 

 

星薬科大学キャンパス情報

キャンパス

学部:薬学部
住所:〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41

 

 

オンライン家庭教師WAMの星薬科大学受験対策

星薬科大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、星薬科大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。