国際医療福祉大学の入試情報・偏差値・受験対策

国際医療福祉大学の受験対策

偏差値・難易度

国際医療福祉大学の難易度は学部・学科によって非常に大きな差があります。医学部の偏差値は65.0、それ以外の学部は35.0~50.0程度です。共通テストにおいて確実に合格を勝ち取るには医学部は8割以上、薬学部・成田看護学部は6割以上、それ以外の学部は5~6割の得点が求められます。学部の中では医学部の難易度が一番高くなっています。

入試の特徴・勉強のポイント

国際医療福祉大学の医学部以外の一般選抜はマークシート方式で、難易度は標準レベルです。教科書や参考書を使用して、基礎的な知識を身につけておくと同時に過去問から出題形式を把握しておくとよいでしょう。前期では学部によって学力試験だけでなく、字数制限600字以内の小論文も課されます。小論文では幅広い分野からテーマが出題されるため、日頃から新聞やニュースに関心を持っておきましょう。さらに、限られた時間内に指定された文字数で文章をまとめる練習をしておくとよいでしょう。学部によって後期日程を実施しています。後期日程では学力試験だけでなく面接もあるため、面接官の質問に対してしっかりと対応できるように、よく聞かれる質問を想定した面接の練習をしておきましょう。医学部では一次選考と二次選考があります。一次選考ではマークシート方式の学力試験と小論文、二次選考は面接試験となっています。試験は幅広い分野から偏りなく出題し、小論文は時事的なテーマについて論じる内容となっています。倍率、難易度は高くなっているためしっかりと対策をしておきましょう。

 

国際医療福祉大学の学部情報

保健医療学部/医療福祉学部/薬学部/医学部/成田看護学部/成田保健医療学部/赤坂心理・医療福祉マネジメント学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部/福岡薬学部

 

国際医療福祉大学基本情報

公式サイト

国際医療福祉大学:https://www.iuhw.ac.jp/

基本情報

創立年

1995年

生徒数

8,547人(2021年5月1日現在)

教育理念

7つの教育理念 人格形成 専門性 学際性 情報科学技術 国際性 自由な発想 新しい大学運営

引用:国際医療福祉大学|大学案内|本学の理念

大学の特徴

国際医療福祉大学は日本初の医療福祉を専門とする総合大学として、1995年に栃木県大田原市に開学しました。現在は5つのキャンパスと10学部25学科で構成されいます。総合大学の強みを生かして、学部・学科を横断したチームを編成し「チーム医療・チームケア」学ぶ独自のカリキュラム「関連職種連携教育」を取り入れています。また、附属病院や臨床医学研究センターなどの関連施設を多く保有しており、充実した臨床実習を行っています。国家試験対策講義の開講や学生一人ひとりへの個別指導、模擬試験の実施など、万全のサポートを行っているため、国家試験の合格率は全国トップクラスという高い実績があります。それだけでなく、学科教員やキャリアコンサルタントによる手厚いサポート、医療福祉に関わる多くの求人などによって、毎年就職率100%を実現している就職に強い大学です。

 

国際医療福祉大学キャンパス情報

大田原キャンパス

学部:保健医療学部・医療福祉学部・薬学部

住所:〒324-8501 栃木県大田原市北金丸2600-1

成田キャンパス

学部:医学部・成田看護学部・成田保健医療学部

住所:〒286-8686 千葉県成田市公津の杜4-3

東京赤坂キャンパス

学部:赤坂心理・医療福祉マネジメント学部

住所:〒107-8402 東京都港区赤坂4-1-26

小田原キャンパス

学部:小田原保健医療学部

住所:〒250-8588 神奈川県小田原市城山1丁目2-25(本校舎)

大川キャンパス

学部:福岡保健医療学部・福岡薬学部

住所:〒831-8501 福岡県大川市榎津137-1

 

オンライン家庭教師WAMの国際医療福祉大学受験対策

国際医療福祉大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。 専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、国際医療福祉大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。 また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。 日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。 さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。 合格に必要な学力を効率的に得ることができます。