上智大学の入試情報・偏差値・受験対策

上智大学の受験対策

偏差値・難易度

上智大学は「早慶上智」と呼ばれ、早稲田大・慶応大に次ぐ難易度を誇る私立文系大学の最難関大学の一つです。偏差値は学部・学科によって異なりますが、57~70程度、共通テストにおいても確実に合格を勝ち取るには8割以上を求められる難関校となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

試験問題の難易度は標準から少し難しい程度となっていますが、基礎を徹底的に固めることで点数を取ることができます。問題数が多い傾向にありますので、問題を素早く処理する解答力が求められます。演習を数多くこなし、解答スピードと精度を高める学習が合格のカギです。

 

上智大学の学部情報

 

 

上智大学基本情報

公式サイト

上智大学:https://www.sophia.ac.jp/

基本情報

創立年

1913年

生徒数

12,233人(2021年5月時点)

教育理念

上智大学は、キリスト教精神を基底とし、真実と価値を求めて、人間形成につとめるものの共同社会である。したがって、本学は、構成員のおのおのが、人格の尊厳と基本的人権を認め合い、責任ある連帯感と謙虚な心構えをもって、それぞれの持ち場で、大学の形成に参加することを期待する。

 

引用元:上智大学 教育理念

大学の特徴

上智大学は9学部からなる複合大学です。1913年に3人の宣教師のよって設立されましたが、源流をイエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルの志まで遡ることができます。「キリスト教ヒューマニズム」の精神を根幹とし、世界の人々と共に歩む「隣人性」と「国際性」を貫く大学、という建学理念を一貫してきました。“他者のために、他者とともに ~for Others, with Others~”を教育の精神に、国際的に社会に還元できる人材を育成するため、グローバル教育に力を入れています。学部学科学年を問わず英語を含む22言語の科目が学べるようになっているほか、毎年300人以上の交換留学生を送り出しています。資格については養護教諭一種、学芸員などが取得可能です。

 

上智大学キャンパス情報

四谷キャンパス

学部:神学部・文学部・総合人間科学部・法学部・経済学部・外国語学部・総合グローバル・理工学部・国際教養学部

住所:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1

目白聖母キャンパス

学部:総合人間科学部(看護学科2年次以降)

住所:〒161-8550 東京都新宿区下落合4-16-11

 

オンライン家庭教師WAMの上智大学受験対策

上智大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、上智大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。