関西学院大学の入試情報・偏差値・受験対策

関西学院大学の受験対策

偏差値・難易度

関西学院大学は同志社大学、立命館大学を含む「関関同立」と呼ばれる大学グループの一つです。進んだ国際化が認められ「スーパーグローバル大学」に指定された大学として知名度も高く、人気もあり難易度は非常に高いです。偏差値は学部・学科によって異なりますが、およそ50.0~60.0程度。共通テストにおいても確実に合格を勝ち取るには8割以上を求められます。

入試の特徴・勉強のポイント

関西学院大学の一般入学試験には「全学部日程」「学部個別日程」「共通テスト併用/英数日程」があります。マークシート式、記述式の問題が出題され、全体的な難易度は標準レベルです。教科書の内容をしっかりとマスターし、基礎問題を多く解く練習をしましょう。また、苦手分野を作らない学習が合格のカギになります。

 

 

関西学院大学の学部情報

 

関西学院大学基本情報

公式サイト

関西学院大学:https://www.kwansei.ac.jp/index.html

基本情報

創立年

1889年

生徒数

23,571人(2021年5月1日)

教育理念

関西学院大学はその理念とするキリスト教主義に基づき、教育基本法および学校教育法の規定するところに従い、広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し、人格を陶冶することを目的とする。
本学初代学長(第4代院長)C.J.L.ベーツが提唱したスクールモットー“Mastery for Service(奉仕のための練達)”は、関西学院の建学の精神を簡潔に表現するものであり、「社会貢献のためにこそ実力を身につけよ」と解されている。本学は、知性を、そして自らが持つすべての豊かさを、隣人のために用いることを強調するとともに、創立当初から培われてきた国際性と社会貢献への使命感を身につけた世界市民の育成を重視する。
本学は、教育においては、全人的教養および専門的知識・技能を修得させるとともに、広く創造力、課題発見能力、課題解決能力そして実行力を培うことをめざす。また、研究においては、本学として特色ある基礎研究を強化しつつ、応用研究および先端的研究を発展充実させるとともに、研究成果を社会に還元して、社会貢献することをめざす。

 

引用元:関西学院大学 理念・目的・教育目標

大学の特徴

関西学院大学は、14学部で構成される総合大学です。8つの学部が集まる西宮上ケ原キャンパスは赤い瓦屋根とクリーム色の外壁を特徴とする関西学院独特の建築様式「スパニッシュ・ミッション・スタイル」で統一され、2017年には日本建築学会賞も受賞し、「日本一美しいキャンパス」と言われています。また「国際性」が非常に高い大学です。多くの国々とも協定を結んでいる為、外国人の教員や外国人留学生がとても多く、充実した留学制度があります。資格については博物館学芸員、社会調査士、保育士など様々な資格が取得可能です。

 

 

関西学院大学キャンパス情報

西宮上ヶ原キャンパス

学部:神学部・文学部・社会学部・法学部・経済学部・商学部・人間福祉学部・国際学部
住所:〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1の155

西宮聖和キャンパス

学部:教育学部
住所:〒662-0827 兵庫県西宮市岡田山7の54

神戸三田キャンパス

学部:総合政策学部・理学部・工学部・生命環境学部・建築学部
住所:〒669-1337 兵庫県三田市学園2丁目1

 

 

オンライン家庭教師WAMの関西学院大学受験対策

関西学院大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、関西学院大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。