関東学院大学の入試情報・偏差値・受験対策

関東学院大学の受験対策

偏差値・難易度

関東における私立準中堅大学の一つ。偏差値は学部・学科によって異なりますが、45程度です。経済学部の難易度が高く、理工学部の難易度が低い傾向にあります。共通テストにおいては、5割~6割強以上が合格に求められます。

 

入試の特徴・勉強のポイント

関東学院大学の入試について、一般選抜においては前期日程が4日間、中期日程・後期日程がそれぞれ1日の合計6日間実施されます。同じ学部を複数回受験することができ、全国各地に受験会場があるのが特徴です。前期日程には全学部統一2科目型・3科目(均等配点)型・3科目(科目重視)型・3科目(共通テスト併用)型・3科目(英語外部試験利用)型があります。問題の難易度は標準レベルですが、英語の問題数が多い傾向にあるため、時間配分に注意しましょう。

 

 

関東学院大学の学部情報

国際文化学部社会学部法学部経済学部経営学部理工学部建築・環境学部/人間共生学部/教育学部/栄養学部/看護学部

 

 

関東学院大学基本情報

公式サイト

関東学院大学:https://univ.kanto-gakuin.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1884年

生徒数

10,809人(2022年5月1日現在)

教育理念

教育研究機関としての真理探究に加え、社会において主体的に自立して生きるための知識と技術を養い育てることを通じて、社会に貢献しつつ校訓「人になれ 奉仕せよ」を体現することのできる人材を育成する

 

引用:関東学院大学|関東学院大学の情報 建学の精神、校訓、理念

大学の特徴

関東学院大学は、1884年に米国バプテスト伝道協会によって創立された横浜バプテスト神学校を源流とするプロテスタント系総合大学です。キリスト教精神に基づいた校訓「人になれ 奉仕せよ」を掲げており、継続して教養を身につけ、人や社会のために貢献できる人材を育成しています。より社会連携教育を進めていくため、2023年4月には横浜・関内キャンパスが開設される予定となっています。ゼミや研究室の他、他学部や社会との連携による活動を通して、幅広い視野を身に付けることができる環境が整備されます。また、交換留学や派遣留学には、授業料免除や単位認定制度があります。資格については、幼稚園・小学校・特別支援学校・中学校・高校の教員免許、栄養教諭、司書、司書教諭、学芸員、日本語教員、栄養士、食品衛生管理者、食品衛生監視員、保育士、社会福祉士受験資格、管理栄養士受験資格、看護師受験資格、社会調査士、認定心理士、測量士補が取得可能です。

 

 

関東学院大学キャンパス情報

横浜・金沢八景キャンパス

学部:法学部、経済学部、経営学部、理工学部、建築・環境学部、人間共生学部、教育学部、栄養学部、看護学部
※2023年4月より経営学部、法学部、人間共生学部 コミュニケーション学科は「横浜・関内キャンパス」に変更
住所:〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1

 

横浜・金沢文庫キャンパス

学部:国際文化学部、社会学部
※2023年4月より国際文化学部、社会学部は「横浜・金沢八景キャンパス」に変更
住所:〒236-8502 神奈川県横浜市金沢区釜利谷南3-22-1

 

横浜・関内キャンパス(2023年4月開校予定)

修学予定学部:経営学部・法学部・人間共生学部 コミュニケーション学科
住所:〒231-0031 神奈川県横浜市中区万代町1-1

 

 

オンライン家庭教師WAMの関東学院大学受験対策

関東学院大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、関東学院大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。