川崎医科大学の入試情報・偏差値・受験対策

川崎医科大学の受験対策

偏差値・難易度

川崎医科大学は岡山県倉敷市にキャンパスを置く私立大学で、偏差値は60.0程度です。2022年度入試の倍率は、総合型選抜が約3.4倍、学校推薦型選抜が約1.4倍、一般選抜が約19.1倍、地域枠選抜が約5.7~7.7倍と全体的に非常に倍率が高くなっているめ、入念な対策が必要となります。

入試の特徴・勉強のポイント

川崎医科大学の入試は総合型選抜と一般選抜、地域枠選抜の3種類となります。いずれの選抜方法でも、第一次試験の合格者のみ第二次試験を受験することが可能となっています。第一次試験について、総合型選抜は総合適性試験と小論文、一般選抜・地域枠選抜は英語・数学・理科の学力試験と小論文(第二次試験合格判定に使用)で試験が行われ、第二次試験ではすべての選抜方式で面接が課されます。試験問題の難易度は標準レベルのため、基本事項を必ず定着させ、標準問題や典型的な問題は確実に解答できるようになっておきましょう。 

 

川崎医科大学の学部情報

医学部

 

川崎医科大学基本情報

公式サイト

川崎医科大学:https://m.kawasaki-m.ac.jp/

基本情報

創立年

1970年

生徒数

833人(2022年5月1日現在)

教育理念

人間をつくる
体をつくる
医学をきわめる

 

引用:川崎医科大学|大学案内|建学の理念・目的・使命・教育目標

大学の特徴

川崎医科大学は、「人間をつくる」「体をつくる」「医学をきわめる」を建学の理念として掲げ、幅広い知識と技能・豊かな人間性・専門性を持ち、社会の要請にこたえるとともに新しい医療に貢献できる医師を育成しています。6年一貫で医学教育と人間教育を行っており、特徴として、小グループ制での丁寧な指導や臨床実習の重視、早期から基礎医学教育が始まることが挙げられます。また、男子寮と女子寮があり、1年次のみ全寮制となっています。

 

川崎医科大学キャンパス情報

キャンパス

学部:医学部
住所:〒701-0192 岡山県倉敷市松島577

 

オンライン家庭教師WAMの川崎医科大学受験対策

川崎医科大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、川崎医科大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。