川崎医療福祉大学の入試情報・偏差値・受験対策

川崎医療福祉大学の受験対策

偏差値・難易度

川崎医療福祉大学は岡山県倉敷市にある私立大学で、偏差値は学部・学科により異なりますが35.0~52.5程度です。2022年度の入試競争倍率は、学部・学科により差はありますが、一般選抜前期A日程で約1.9倍、B日程で約1.8倍、一般選抜後期で約2.4倍となります。募集人員の少ない後期日程は倍率が高くなる傾向にあるため、一般選抜を受験する場合は、前期日程で合格を勝ち取れるように十分な対策が必要です。

 

入試の特徴・勉強のポイント

川崎医療福祉大学の入試は、総合型選抜・学校推薦型選抜前期(公募・指定校推薦・有資格)・学校推薦型選抜後期(A日程・B日程)・一般選抜前期(A日程・B日程)・一般選抜後期があります。学部・学科により試験内容が異なるため、募集要項を必ず確認しておきましょう。どの入試方式においても面接試験(個人もしくは集団)が課されるため、学力検査だけでなく面接対策も行う必要があります。

 

 

川崎医療福祉大学の学部情報

医療福祉学部/保健看護学部/リハビリテーション学部/医療技術学部/医療福祉マネジメント学部

 

川崎医療福祉大学基本情報

公式サイト

川崎医療福祉大学:https://w.kawasaki-m.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1991年

生徒数

4,152人(2022年05月時点)

教育理念

『人類への奉仕のあり方を追求し、より豊かな福祉社会の創造的担い手を育成すること』

 

引用:川崎医療福祉大学 – 教育理念・教育目標と3つのポリシー

 

大学の特徴

川崎医療福祉大学は、5学部17学科を有する4年制の医療福祉大学です。医療と福祉の両分野にまたがる高い知識と優れた技能を持ち、患者や障がい者に対して優しい心と気配り、懇切丁寧な説明能力、チーム医療福祉における連携の力を備えた良き医療福祉関連職の専門家の育成を目指しています。川崎医科大学付属病院や川崎医科大学総合医療センター、世界初の総合医療福祉施設である社会福祉法人旭川荘などを有する「川崎グループ」の一大ネットワークにより、恵まれた環境のもと、医療・福祉の現場により密着した質の高い実習や、様々な専門職が連携するチーム医療を体験することができます。

 

 

川崎医療福祉大学キャンパス情報

キャンパス

学部:全学部
住所:〒701-0193 岡山県倉敷市松島288

 

 

オンライン家庭教師WAMの川崎医療福祉大学受験対策

川崎医療福祉大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、川崎医療福祉大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。