慶應義塾大学看護医療学部の入試情報・受験対策

慶應義塾大学看護医療学部の受験対策

難易度

慶應義塾大学看護医療学部看護学科の偏差値は60.0程度で、国立大学の医療系学部と比較してもあまり差がなく、難易度は非常に高いです。しかし、慶応義塾大学の中での難易度は低めとなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

慶應義塾大学看護医療学部の入試は、第1次試験で外国語・小論文と数学・化学・生物から1科目を選択して受験し、第2次試験では調書記入と面接を行います。各科目の配点は外国語300点、数学・化学・生物が200点となっています。小論文は2次試験の選考で使用します。入試問題の難易度は非常に高く、過去問を解いて出題傾向を把握する必要があります。

 

 

慶應義塾大学看護医療学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

数学は例年大問5題で構成されており、すべて記述式で出題されます。基本的な問題が出題されますが問題数が多く、試験時間に余裕はありません。また例年幅広い範囲からバランスよく出題されるため、苦手分野を作らず満遍なく勉強しておきましょう。中でも微分積分・確率・ベクトルが頻出となっています。取りこぼしのないように学習する必要があります。必ず過去問や類似問題に取り組んでおきましょう。

 

英語の傾向と対策

英語は例年大問7題で構成されおり、すべて記述式で出題されます。英文法1題、長文読解5題、英作文1題となっており、標準的なレベルの問題がバランスよく出題されます。各長文読解はそれほど長い文章ではありませんが、全体的に見ると英文量が2000字程度となるため、時間を意識して読解する必要があります。また英作文について基本的な書き方や構成を身につけて必ず練習を行いましょう。過去問を分析し、出題傾向を把握することが重要になります。

 

理科の傾向と対策

化学:例年大問3題で構成されており、すべて記述式で出題されます。理論化学・無機化学・有機化学の分野から出題されますが、理論化学の比重が大きい傾向となっています。標準的なレベルの問題が多いため、ミスをなくし確実に解答しましょう。看護医療学部の化学は空所補充問題が多く、あまり見ない問題構成のため、過去問に取り組み、出題される問題に慣れておきましょう。

生物:例年大問3題で構成されており、すべて記述式で出題されます。標準レベルの問題がほとんどですが、計算問題が多く、試験時間に余裕はありません。幅広い分野から出題されますが、中でも遺伝や進化が頻出となっています。また最新の医療や医学に関連する題材が扱われることが多いため、普段から新聞などで情報を入手しておきましょう。過去問を分析し、出題傾向を把握しておきましょう。

 

 

慶應義塾大学看護医療学部基本情報

公式サイト

慶應義塾大学看護医療学部:https://www.nmc.keio.ac.jp/

 

基本情報

創立年

2001年

生徒数

447人(2021年05月時点)

教育理念

慶應義塾の建学精神にある「躬行実践を以って全社会の先導者たらん」とする理念に基づき、看護医療における実践をもって先導できる能力を備えた人材を育成することを目的としている。 社会からのニーズに対応し教育カリキュラム改正を進め、現在は次のような教育目標を定めている。すなわち、「生命・人間尊重の精神の涵養と看護の判断能力、問題解決能力、実践力の養成」、 「看護活動の創造と保健・医療・福祉の発展、および、看護学の体系化を図り、他の学問分野と相互交流して実学としての看護の発展に寄与する人材の育成」を教育目標としている。

 

引用元:看護医療学部の理念

 

慶應義塾大学看護医療学部の特徴

慶應義塾大学看護医療学部は2001年に設立されました。総合大学の特徴を生かし、他学部科目の履修や医療系三学部の合同教育を行っており、学部以外の生徒との交流を深めています。1・2年次では看護の基礎について学び、3年次から臨地実習での経験を重ね、様々な病気の状態にある患者さんへの看護や医療を深く学びます。4年次では在宅看護や看護現場づくりの方法等の実習を行います。また4年次には女性限定で保健師、助産師のコースを選択することができ、より高度な知識や実践力を学ぶことが可能です。

 

 

慶應義塾大学看護医療学部キャンパス情報

湘南藤沢キャンパス

学部:看護医療学部1・2・4年次
住所:〒252-0883 神奈川県藤沢市遠藤4411

 

信濃町キャンパス

学部:看護医療学部3・4年次
住所:〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

 

 

オンライン家庭教師Wamの慶應義塾大学看護医療学部受験対策

慶應義塾大学看護医療学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、慶應義塾大学看護医療学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。