近畿大学法学部の入試情報・受験対策

近畿大学法学部の受験対策

難易度

近畿大学法学部の偏差値は52.5~55程度です。共通テスト併用方式はやや難易度が上がります。共通テストでは、7割強〜8割程度得点することが合格への目安です。

 

入試の特徴・勉強のポイント

近畿大学法学部の入試は、国語・外国語・選択科目の3科目で行われます。各科目の配点について前期A日程・B日程のスタンダード方式では全て100点、高得点科目重視方式では最高得点科目を2倍換算した400点満点、後期では高得点2科目200点満点で判定されます。
入試問題の難易度は標準レベルとなっているため、教科書の内容を確実に身に付けましょう。

 

 

近畿大学法学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

大問3題が出題され、現代文2題・古文1題で構成されています。大問1は文章量が多い評論文や随筆です。古文は古文常識も出題されます。全体を通して標準的な難易度ですが、読む量が多く、特徴的な問題も出るため、過去問での演習が重要です。

 

数学の傾向と対策

大問3題の出題となっています。幅広い範囲が出題されるため、苦手分野をなくしましょう。特に図形や数列は頻出です。計算量が多いため、正確な計算力と処理能力を身に付けましょう。

 

英語の傾向と対策

大問7題構成となっています。多様な問題形式で出題され、最後が長文読解です。問題数がやや多いため、時間配分が重要です。基本的な文法や語彙を問う問題が多く出題されます。教科書を復習し、問題集で様々な問題に取り組みましょう。

 

地歴公民の傾向と対策

日本史:古代・中世・近世・近現代について、大問が4つ出題されます。範囲も幅広く問われるため、苦手分野をなくしましょう。史料問題が頻出となっています。史料集にも目を通しておきましょう。

 

世界史:欧米史とアジア・アフリカ史について、大問が2つ出題されます。政治史が中心となっています。前近代からの出題が多い傾向にあります。年号を問う問題もあるため、教科書の内容は確実に押さえておきましょう。

 

地理:大問3題で構成されています。地形図や図表などを用いた問題が頻出となっています。教科書を中心に、資料集や問題集で対策が必要です。

 

政治経済:大問3題で構成されています。幅広い範囲から出題されます。標準レベルの問題が多いため、教科書や資料集の基本的な知識を覚えましょう。時事問題もあるため、普段からニュース等をみて理解することが重要です。

 

 

近畿大学法学部基本情報

公式サイト

近畿大学法学部:https://www.kindai.ac.jp/law/

 

基本情報

創立年

1950年

生徒数

2,039人(2021年05月時点)

教育理念

法的に物事を考える姿勢を身につけ、激動する社会のなかで、自分を見失わず、社会構造の変化にも積極的・柔軟に対応できる、広い視野と、豊かな思考の持主を養成します。

 

引用元:近畿大学法学部 理念・概要

 

近畿大学法学部の特徴

近畿大学法学部は1950年に設置されました。学科は法律学科の1学科制で、法律学や政治学を学びます。1年次から少人数教育を実施し、キャリア教育も行っています。法学部独自のプログラムとして、2年次から、進路の明確度や分野に合わせて3つのコースあるいは4つの専攻プログラムに分かれるのが特徴です。資格・就職試験の対策やインターンシップなど、資格・就職支援も充実しています。

 

 

近畿大学法学部キャンパス情報

東大阪キャンパス

学部:情報学部・法学部・経済学部・経営学部・理工学部・建築学部・薬学部・文芸学部・総合社会学部・国際学部
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3丁目4の1

 

 

オンライン家庭教師Wamの近畿大学法学部受験対策

近畿大学法学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、近畿大学法学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。