近畿大学理工学部の入試情報・受験対策

近畿大学理工学部の受験対策

難易度

近畿大学理工学部は、偏差値は学科によって異なりますが、47.5~52.5程度です。共通テストでは、6割~7割強程度得点することが合格への目安です。生命科学科の難易度が高く、機械工学科の難易度が低い傾向にあります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

近畿大学理工学部の入試は、全学科において数学・理科・外国語の3科目で行われます。各科目の配点について前期A日程・B日程のスタンダード方式では全て100点、高得点科目重視方式では最高得点科目を2倍換算した400点満点、後期では高得点2科目200点満点で判定されます。
理学科(数学コース・物理学コース)・応用化学科・機械工学科・電気電子通信工学科・社会環境工学科・エネルギー物質学科の数学は「数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III」、理学科(化学コース)・生命科学科の数学は「数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)」・「数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III」のどちらかを選択します。
数学IIIの難易度が高いため、数学で数学IIIを含む範囲を受験する場合は重点的な対策が必要です。

 

 

近畿大学理工学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

大問3題の構成です。理学科科学コース・生命科学科で「数学I・A・II・B(数列・ベクトル)」を選択した場合は文系学部と共通です。数列や微分積分など幅広い範囲が出題されます。計算力が問われる問題が多いため、素早く正確に計算できるようにしましょう。数学IIIを含む場合は、大問1・2は「数学I・A・II・B(数列・ベクトル)」から出題され、大問3は数学IIIから出題されます。大問3は複素数平面や微積が出題される傾向にあります。難問になることもあるため、時間配分が重要です。

 

英語の傾向と対策

大問7題で構成され、会話文・文法・長文読解など、満遍なく出題されます。標準的な問題が多いため、教科書の内容を確実に身に付け、苦手分野をつくらないようにしましょう。例年構成が変わらないため、過去問で対策が可能です。時間配分も含め、過去問で演習を行いましょう。

 

理科の傾向と対策

物理:大問3題の出題です。力学・電磁気と、波あるいは熱力学から出題される傾向にあります。教科書の内容が中心で、図やグラフを用いた問題も出ます。基本的な問題は確実に解答できるようにしましょう。

 

化学:大問3~4題の出題です。空欄補充問題が中心となっています。計算問題が多いため、時間配分に注意しましょう。知識の暗記のみならず、考察力を問う問題もあるため、詳細も含めて教科書の内容を押さえましょう。

 

生物:大問4~5題の出題です。生物は遺伝や光合成、植物ホルモンなどが頻出で、生物基礎は免疫がよく出ます。計算問題や実験問題も出題され、正誤問題の難易度はやや高く、思考力が問われます。問題数が多いため、時間配分も重要です。過去問を通して出題形式に慣れておきましょう。

 

 

近畿大学理工学部基本情報

公式サイト

近畿大学理工学部:https://www.kindai.ac.jp/science-engineering/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

4,631人(2021年05月時点)

教育理念

「学ぶ意欲と習慣を身につけ、自律的に物事を考え判断し、課題解決のために行動・チャレンジできる教養豊かで創造性に富む人材を育成する」

 

引用元:近畿大学理工学部 教育理念

 

近畿大学理工学部の特徴

近畿大学理工学部は1949年に設置されました。学科は理学科、生命科学科、応用化学科、機械工学科、電気電子工学科、情報学科、社会環境工学科の7学科です。理学科には3つのコースがあり、機械工学科・電気電子工学科・情報学科は2年次からそれぞれ2つのコースに分かれます。1年次は実験・実習の入門の他、研究の基礎となる数学・物理・化学・生物などを学びます。3年次後期には学部全148の研究室から1つを選択して所属します。
工学系の学科ではJABEE(日本技術者教育認定機構)プログラムを取り入れ、質の高い技術者教育を行っています。就職・進学において有利になる他、修習技術者となり技術士第一次試験が免除されます。また、教員養成のためのカリキュラムも充実しています。

 

 

近畿大学理工学部キャンパス情報

東大阪キャンパス

学部:情報学部・法学部・経済学部・経営学部・理工学部・建築学部・薬学部・文芸学部・総合社会学部・国際学部
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3丁目4の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの近畿大学理工学部受験対策

近畿大学理工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、近畿大学理工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。